酢玉ねぎの作り方で簡単なのはコレ!長続きする上手な活用法を紹介!

酢と玉ねぎって健康的なイメージがあります。酢は疲労回復、玉ねぎは血液をサラサラにする食材として有名ですよね。

この2つを合わせて『酢玉ねぎ』にすると、有効成分を効率よく体内に吸収されやすいといわれています。簡単に作れるので我が家は常にストックしていますよ♪

健康やダイエット効果を期待しても、生の玉ねぎを毎日たくさん食べるのって難しくないですか?

私は生の玉ねぎを使ったレシピをあまり知らないです。それ以上に、生の玉ねぎは胃腸を刺激する心配があります。

ところが、玉ねぎを酢に漬け込むと相乗効果で刺激がまろやかになるので、我が家は毎日摂り入れています。酢玉ねぎはアレンジしやすいので便利だと思いますよ!

 

ということで今回は、酢玉ねぎの簡単な作り方をご紹介します。是非作ってみてください~。

まずは、酢玉ねぎはどんなものなのかを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

健康的な酢玉ねぎを作ろう♪

酢玉ねぎとは、玉ねぎのスライスはちみつで漬けたものです。

私は本屋さんで酢玉ねぎの本を見かけました。ふと表紙を見ると、『やせる!』の文字が目に飛び込んできました♪

もちろんそれだけでなく!毎日の料理にも役立ちそうだったので速攻で購入。以来、我が家の定番常備菜となっています。

使い勝手がいいですし、生の玉ねぎより味がまろやかで美味しいです。

酢玉ねぎの材料はスーパーで手に入りやすいというのも魅力的。また、5分足らずで簡単に作れますので続けやすいと思いますよ。

酢玉ねぎはレシピ通りに作ると、冷蔵庫で10日くらい日持ちします。日持ちする常備菜は、毎日献立を考える身としてとても助かっています^^

それでは次に、酢玉ねぎを簡単に作る方法を紹介しますね!

 

酢玉ねぎの簡単な作り方を見てみよう!

それでは、さっそく酢玉ねぎの作り方を画像付きで紹介しますね。

材料
  • 玉ねぎ 250g
  • 塩 小さじ1/3
  • はちみつ 大さじ1/2
  • 好みの酢 大さじ3
作り方

玉ねぎの皮をむき、薄く切ったらボウルに入れる

 

塩を加えて混ぜる

 

はちみつを加える

 

酢を加えたら全体をよく混ぜて馴染ませる

 

アルコール又は熱湯消毒した保存瓶に入れる

 

終わりです~。玉ねぎを薄く切ったら他の材料と混ぜ合わせるだけで簡単に出来上がりました♪

作り終わったら2時間後から食べられます。私は半日置いてから利用しています。2日くらい付けたものは味がまろやかになっているため、さらに美味しいですよ。

 

酢玉ねぎは冷蔵庫で保存してください。保存期間は…

  • 10日くらい

です。期限切れを防ぐために、作った日にちを書いておくといいです^^

1日に食べる酢玉ねぎの量は…

  • 50gくらい

です。だいたい小皿一杯分くらい。

1日に朝夕の2回、食事と共に食べると健康効果が得られやすいとされています。

 

ここでちょっと酢玉ねぎを作るときの豆知識♪

酢玉ねぎの材料である玉ねぎは…

  • 生の玉ねぎ

を使いましょう。

生の玉ねぎは酵素が存在しています。酵素は加熱によって働きが失われますので、酵素を活用するには生玉ねぎがおススメです。

でも、どうしても生の玉ねぎに抵抗がある場合は、加熱方法を…

  • 蒸す
  • 蒸し焼き

にするなどと工夫をしてみてください。

さっき話したように、玉ねぎを加熱すると酵素の働きは失われますが、他の成分は残っています。

成分の中には水に溶けだす性質を持っているものがあります。これらの工夫をすると有効成分が流れ出るのが最小限に抑えられますよ。

 

使用する酢については、穀物酢の他に…

  • リンゴ酢
  • 黒酢

など、好みの酢を使ってみるのもいいと思います。

私はリンゴ酢で作ってみたことがあります。穀物酢より酸味が和らいだ酢玉ねぎが出来上がりました。

甘味料は…

  • はちみつ

がおすすめですよ。

はちみつの代わりに砂糖を使ってもいいと思いますが、はちみつは砂糖より血糖値の上昇をゆるやかにします。

 

血糖値とは、血液中に存在する糖の値のことです。血液中の糖が多いほど、体脂肪が付きやすいとされています。詳しくはこちらをどうぞ♪

砂糖で太る理由は?インスリンを知ることが理解の第一歩!

砂糖とはちみつの違いをご紹介!健康サポートをするのはどっち?

 

また、はちみつは砂糖の2倍甘く感じるため、摂取カロリーも抑えられます。さらに、はちみつは腸内環境を改善する効果が期待できます。

玉ねぎを漬けた酢には、栄養成分がたくさん含まれていますので…

  • 玉ねぎと一緒に、漬け酢も摂取

してください。

玉ねぎの有効成分は酢に溶け出しています。溶け出た成分は体内に吸収されやすい状態になっているそうですよ~。使わないともったいないですよね。

そのまま飲んでもいいですが、玉ねぎを漬けて1~2日目の酢は刺激が強いです。飲むなら3日目以降にしましょう^^

 

酢玉ねぎの酢が残ってしまった場合、使いまわすと衛生上の問題が出るかもしれないので、私は繰り返して使用しないようにしています。

付け酢が残った時は、酢の物に利用すると使い切れます。または、体に良いものなので、そのまま飲んじゃいましょう。

 

次は酢玉ねぎの活用方法の一例を紹介します。それでは見てみましょう。

 

酢玉ねぎの活用方法は色々ある♪

酢玉ねぎはそのまま食べても美味しいですが、料理のアレンジに使うのもおすすめで♪

青魚と合わせると、血液サラサラ効果がさらに期待できます。豚肉と合わせると代謝アップ。ダイエットのサポートが期待できますね。

もう一品欲しいな~と言う時は、ワカメと合わせるとあっという間に副菜が出来上がります。

この他に、ソースやドレッシングなど、和洋中を問わず、料理に活用しやすいと思います^^

 

私のオススメ!酢玉ねぎの活用方法

こちらの記事でもご紹介していますが、酢玉ねぎをサラダの一品にしています^^

⇒ 朝ごはんを食べないと太るの⁈体脂肪が増えやすくなる原因は?

また、餃子のタレに酢玉ねぎを加えると美味しいですよ♪

我が家は酢と醤油を合わせたシンプルなタレを使っているのですが、酢の代わりに酢玉ねぎの漬け酢を使います。

その他に…

  • 酢玉ねぎと塩麹きのこ、海苔を混ぜ合わせて副菜にする
  • 南蛮漬けに使用する
  • 揚げ焼きしたお肉の上にトッピングして主菜にする
  • しらすと混ぜてボリュームUP

など、酢玉ねぎは普段使いしやすいです♪

 

また、代謝アップを期待して、我が家は焼きそばと食べ合わせています。

こちらにも書いていますので、見てみてください^^

⇒ 焼きそばは太るのかを徹底解説!食べ方のひと工夫がポイントだった?

 

それでは、これまでのお話をまとめますね。

 

まとめ

では、これまでの内容をざっと見てみましょう。

酢玉ねぎの作り方

  • スライスした玉ねぎに、塩とはちみつと酢を加えて一晩おく

酢玉ねぎを作る時のコツ

  • 玉ねぎは水のさらさない
  • 生の玉ねぎがおススメ
  • 漬け酢の使い回しはしない

今回は、酢玉ねぎの簡単な作り方を紹介しました^^

酢玉ねぎの材料は手に入りやすいものですし、作り方も簡単なのでストレスは感じにくいです。

私は薄い玉ねぎが好きなので、玉ねぎを切るときはスライサーを使っています。漬け置き時間も短縮されるのでお気に入り♪

酢玉ねぎは健康やダイエット効果が期待できますし、料理の使い勝手もいいので是非作ってみてください。

今回の記事があなたのお役に立てると幸いです。

 

<参考書籍>

 

作り方
スポンサーリンク
シェアする
ゆる暮らし ~ダイエットと家事と日々のこと~