カシューナッツは太るのか?上手に食べると不安は無用♪

カシューナッツって美味しいですよね~。甘いし、ほどよい噛み応えだし、ホント美味しいっ♪

ナッツだから太ると思って、避けるのなんてもったいないです。

美容意識の高い人は、美容やダイエットのためにナッツを食べている人が多い印象があります。そして太っている印象はなし。

きっと上手に食べているんでしょうね~。だから、カシューナッツを食べると太るのかというと、食べ方次第だと思います。

カシューナッツは美容やダイエットに役立つ栄養素が含まれています。上手に食べるために調べてみましたので早速紹介しますね!一緒に見てみましょう~。

 

スポンサーリンク

カシューナッツを食べると太るのかな?

カシューナッツが大好きっていう人がいるじゃないですか。「食べ始めると止まらないっ♪」みたいな。

カロリーのあるものを食べると太る原因になりますよねぇ。しかも食べ過ぎは太るので、ダイエット中は特に要注意ですよ~。

 

カシューナッツのカロリーを日本食品標準成分表で調べてみました。すると…

  • 100gあたり、576kcal

です。高カロリーですね。

 

1粒を計ってみると1.9gでした。1粒を2gとしますね。2gのカロリーは12kcalです。

カロリーを気にせずにたくさん食べると太っちゃいますよね。消費できなかったものは、脂肪として体に居座ってしまいますから油断できませんっ。

 

カロリーも無視はできませんが、その他にカシューナッツを食べると太る理由は…

  1. 脂質や糖質量が多いから
  2. 味付けが食欲を増すから

です。

太る理由を理解していれば、食べ過ぎを防げると思うんですよ。ですので、これから上記の2つの理由について、気を付けることや上手に食べる方法をお伝えします~。

まずは、こちら!

 

注意1.脂質や糖質量が多い!

日本食品標準成分表による、カシューナッツの脂質と糖質の量を見てみましょう。

 100g1個(2g)
脂質47.6g0.95g
糖質20.7g0.53g

カシューナッツの半分くらいは脂質ですね。糖質も多いです。

白ご飯と比べてみると、一膳の半分弱(70g)の量を食べるのと同じくらいの糖質量です。

カシューナッツが甘くて美味しく感じるのは、糖質の量が多いからなんですね~。お互いに食べ過ぎに気を付けましょうね。

 

気をつけること:食べ過ぎを防ぐために、食べる量を決めておく

カシューナッツはカロリーや脂質、糖質の量が多いので食べ過ぎに気を付けましょう~。1日に10個くらい食べるとか、自分のルールを作ってみてください。

 

農林水産省によると、間食を食べる場合は1日200kcal程度が目安だとされています。

1日200kcalならカロリーだけを見ると、1日に20個くらいカシューナッツを食べようかなと思ったのですが、カシューナッツは糖質の量が多いんですよね。

また、脂質も多いですので、私は10個程度にしておこうと思います。

 

食べる時間としては、寝る前は消化不良の原因になるのでおススメできません。ベストは15時頃。と言うのも、脂肪を体内に蓄積させるタンパク質の働きが、一番弱くなるのがこの時間帯だからです。

 

ところで、カシューナッツはカロリーなどの他に、太りやすい注意点があります。次を見てみましょう。

 

注意2.味付けが食欲を増す!

カシューナッツって糖質が多いだけあって甘いですよね~。これに塩味が加わると…

  • 甘じょっぱくて美味しさが倍増

してしまいます!食欲を引き出してしまうのです。

しかも、バター味がついているカシューナッツもあるようですけど、カシューナッツのカロリーに脂質のカロリーがプラスされているので、余裕で摂取カロリーオーバーします。

食欲が増すだけでなく、むくみやすいので要注意ですよ。

しかも、しかも!砂糖と水を煮詰めてナッツを絡める『キャラメリゼ』されたカシューナッツは、美味し過ぎて理性崩壊するかも(私だけ?)。 我を見失わないようにお気を付けて。

 

気をつけること:選び方にこだわってみる

カシューナッツを選ぶときは…

  • 無塩のものを選ぶ
  • 素焼きのカシューナッツを選ぶ

などを意識してくださいね。

カシューナッツは甘いから味が付いていなくても美味しいですよ。油でローストしてなくてもコクも感じられるから、無塩で素焼きのものを選んで美味しさを味わっちゃいましょう。

また、カシューナッツそのものに健康やダイエットに役立つ栄養成分が含まれています。

無塩素焼きローストのものを選ぶと、むくみなどを気にすることなく恩恵に預かれると思いますよ♪

無塩素焼きのカシューナッツを見てみる(楽天市場)

 

カシューナッツの栄養素を簡単に見てみましょう。

 

カシューナッツに含まれている栄養成分と作用

カシューナッツに次の栄養成分が含まれています。

  • オレイン酸:血液サラサラ効果
  • 鉄:貧血予防、代謝アップ
  • マグネシウム:イライラ防止
  • ビタミンB1:糖質を代謝
  • 亜鉛:育毛効果
  • 食物繊維:腸内環境を改善

 

この他にも、ビタミンB群やミネラルが含まれています。脂質や糖質以外に色々な栄養素が含まれていますね~。

 

でね、これらの栄養素を活用した『カシューナッツダイエット』なるものがあるそうですよ。

朝起きたらすぐにカシューナッツを食べたり、食事の前に食べたり、間食の代わりに食べるというものです。

間食にお菓子を食べていたのだとしたら、代わりにカシューナッツを食べることは良いことですよね♪

でも、もし1日の栄養素の大半をカシューナッツだけで摂るのだとしたら栄養バランスが乱れてしまうのでお気を付けて。

栄養素はいろんな種類が助け合って体を作っています。バランスが乱れると逆に太りやすくなりますよ~。

 

オススメな食べ方

カシューナッツは袋から直接食べるのは避けて、封を開けたらまずは小分けにしてみてくださいね~。

私は手が止まらなくなるのを防ぐために、ナッツを購入したら小分けにして冷凍保存しています。

ナッツの保存方法はこちらを見てみてください~^^

ナッツの保存方法は?パターン別にポイントを見てみよう

 

また、カシューナッツは料理の食材として使うと、食べ過ぎを防げますよ~。

鶏肉とカシューナッツ炒め

簡単に本格中華!鶏肉とカシューナッツ炒め

こちらの動画を見てもらうと分かるように、作り方は簡単ですので料理にカシューナッツを使ってみてください。食べ過ぎ防止になりますよ~。

どうしても、おやつに食べたい場合は小分け作戦をどうぞ~♪

 

まとめ

それでは、これまでをまとめます。

カシューナッツは太るのかどうか

カロリーが高く、脂質と糖質が多いので太りやすい

カシューナッツを食べる時の注意点と対策

  • 脂質と糖質の量が多いので食べ過ぎに注意
  • 味付けしてあるカシューナッツは食べ過ぎを招きやすい
  • 無塩で素焼きのものを選ぶ

今回はカシューナッツを食べると太るのかどうなのかについてお話ししました。

カシューナッツは栄養素を見てみると、血液をサラサラにしたり代謝をアップするので、カロリーが高いとはいえ体に良い食べ物ですよね~。

しかも、食物繊維が腸内環境を改善するので、便秘の解消にも一役買ってくれると思います。

 

とはいえ、カシューナッツだけに頼ってたくさん食べるのは考え物です~。栄養のバランスが偏りますし太りやすくなりますもん。

お互いに食べ過ぎには気を付けましょうね!

 

◇ナッツ関係の記事をまとめてみました~♪

アーモンドは一日に何粒が適量?知って得する安全で効果的な食べ方

アーモンドは太るのか!適量を守らないと体重が激増するかも…

くるみの一日の摂取量の上限は?限度を守るのが安全で効果的!

間食にナッツは太るのか!?恐怖を克服する2大ポイント