ポテトチップスは太るのか?これでOK!ポテチ好きさん向け対策集

ポテトチップスは何味が好きですか?私は塩味や激辛系が大好きです♪

ダイエット中とはいえ、たまに食べたくなります。だけど気持ちの赴くまま食べると太るんですよね~。

だから太らない食べ方をして、できるだけ贅肉になるのを防いでいます。

同じ食べるなら後悔するより、「太らない食べ方をする私ってエライ♪」と自分を褒めてあげる方が気分いいw

ストイックにダイエット(減量)すると決めているなら、ポテトチップスは食べないほうがいいと思いますが、普通というか緩やかにダイエットする場合は食べたっていいんです。誰に迷惑をかけるわけでもないしw

 

ポテトチップスのことを知ると食べても太りにくいですよ。ということで今回は…

  • ポテトチップスはなぜ太るイメージがあるのか
  • どんなことに気を付けて食べると太りにくいのか
  • 私がよくやる方法

などについてお話しします。

太る食べ物だって特徴を知って、太りにくい食べ方をすればいいんですよね♪ そうしながら、私はトータルで約35kg痩せましたよ~。では、ポテトチップスについて見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

ポテトチップスを食べると太るのかな?

ポテトチップスはカロリーが高いので、消費するエネルギーが少なければ太るということは覚悟しておいたほうがいいです。

日本食品標準成分表によると、ポテトチップスのカロリーは…

  • 100gあたり554kcal

です。

メーカーや味によって差はありますが、1袋(60g)は約330kcal小袋(28g)は約155kcal。1袋(60g)全部食べると、1日分の摂取カロリーの多くを占めてしまうことになります。

 

1日分の適切な摂取カロリーは、年齢、性別、環境によって差はありますが、食事摂取基準によるとこのようになっています。

 男性女性
活動レベル
20代230026503050165019502200
30~40代230026503050175022002300
50~60代210024502800165019002200

※活動レベル
Ⅰ:生活活動の大部分が座っている
Ⅱ:座ってする仕事が多いが、立位での通勤、移動、家事、軽いスポーツを行っている
Ⅲ:移動や立ち仕事が多い。スポーツなどの運動が習慣となっている

このように推定されています。

ポテトチップスを1袋(60g)食べてしまうと、1日の摂取カロリーの大半を占めてしまうことになりますね。3食の摂取カロリーを抑えなければ、あっという間にカロリーオーバーです。

 

カロリーを無視して食べ続けると太りやすいですが、ポテトチップスを食べると太る主な理由は他にもあります。

それは…

  1. 糖質がメインだから
  2. つい食べすぎてしまうから

です。

どういうことなのか、それぞれを注意点1、2として話しますね。また、それぞれの対策も紹介します。次を見てみましょう!

 

注意1.糖質メインだから太りやすい

カロリーを摂り過ぎると太りやすいですよね。さらに問題なのは…

  • ポテトチップスを食べることではなく、食べた後に血糖値が急激に上がってしまうこと

なんです。

ポテトチップスってじゃがいもを油で揚げて味付けしたもの。じゃがいもは糖質の多い野菜です。

糖質が多いものを食べると、血液中の糖の値(血糖値)が急激に上がります。糖はエネルギーに変わりますが、使い切れなかったものは体脂肪に変わる特徴があります。

 

糖は体の全ての細胞に必要な栄養素ですが、多すぎる糖は問題。毎日の間食でとっていれば太る原因になります。

だけど、糖質が多いからポテトチップスを食べてはいけないということではなく、食べ方に工夫すればいいだけです。

実は、体内に入った糖質は、ある栄養素を一緒にとることで、よりエネルギーに変わりやすく、脂肪として蓄積されにくいことが分かっているのです!その栄養素を次に紹介しますね♪

 

対策:栄養素を補うと太りにくい♪

糖質をエネルギーに変えて、太りにくくする栄養素は…

  • ビタミンB1

です。ビタミンB1は糖質の代謝をサポートする補酵素。ビタミンB1がなければ、糖質は上手にエネルギーに変わりません。

糖質や脂質などを燃焼して、エネルギーに変えることを代謝といいます。脂肪として蓄積されやすくなるので、意識して摂りましょう~。

 

また、ポテトチップスはじゃがいもを油で揚げているので、脂質もたっぷり。

脂質の代謝を促すために、ビタミンB2をポテトチップスと一緒に摂るのがおすすめ。ビタミンB2は脂質の代謝をサポートする補酵素です。

 

 

 

 

 

 ビタミンB1やB2を多く含んでいる食べ物は…

  • 豚肉や牛肉、ラム肉などの赤身肉や卵
  • ほうれん草やパプリカなどの色の濃い野菜

などです。特に肉類に多いので、ポテトチップスのお供にしてみてくださいね~。

 

ところで、ポテトチップスはいい油を使っていないことが多いです。また、揚げてから時間が経っているので酸化していて、代謝を邪魔しちゃいます。

抹茶や青のりをポテトチップスに振りかけて食べると、酸化した油の吸収を妨げるのでおすすめです。また、食物繊維とミネラルが多く含まれているので、糖の吸収を穏やかにしてくれますよ。

 

ただし、栄養素を補う食べ合わせを意識しすぎて、適量を超えてカロリーオーバーになってしまうと、どんな方法でも太ってしまうのでお気を付けて。

では、適量とはどのくらいなのか次を見てみましょう。

 

対策:間食にちょうどいい量だけにする

個人差があるので適量に違いがあると思いますが、『食事バランスガイドの見方』によると…

  • 1日の目安は200kcalまで

とされています。

食生活の楽しみである「菓子・嗜好飲料(お酒など)」。

目安は200kcal以下とし、食事全体の中で量的なバランスを考え、「適度に」とりましょう。

引用元:食事バランスガイドの見方

ポテトチップスは1/3袋強が200kcalです。これ以上食べると1日の総摂取カロリーが高めになってしまいます。

そして、忘れてはならないのが、ポテトチップスは糖質が多いということ。

代謝を促すために、200kcalすべてをポテトチップスで摂るのではなく、さっき紹介した代謝に必要な栄養素を含む食べ物と食べ合わせてみてくださいねっ♪

 

ゆで卵1個は約91kcal、ビーフジャーキーは8枚で約100kcalです。この場合はそれぞれに対して、ポテトチップス1/3袋弱(20g)または小袋タイプなら約2/3袋を食べると、合計で200kcalくらいになりますよ~。

ゆで卵と食べ合わせると、お腹が満たされますし、ビーフジャーキーはよく噛んで食べるので、噛み応えによる満腹感があります。

…だけど、ダイエット中(減量中)の人は、3食しっかり食べながら間食で200kcalを毎日摂ると太るんじゃないかなぁと思います。

内臓脂肪1kgを燃焼するには、約7000kcalの消費が必要だとされています。ということは、逆に考えると200kcalを毎日プラスすると、1か月後には1kg弱体重が増えてしまうことに…。

ですのでダイエット中なら、間食は1週間で200kcalくらいに抑えたほうがいいかもしれません。

消費エネルギーは人によって違います。この量だったら絶対に大丈夫という、誰にでも共通する基準はありませんので、お互いに自分の体に向き合って調整していきましょう。

 

では、次にもう一つの理由について見てみましょう。

 

注意2.ポテトチップスはつい食べすぎてしまうようにできている

ポテトチップスの食感は食欲をかき立てます。そして適度にしょっぱくて、じゃがいもの甘味が「もっと食べたいっ!」という気持ちを掻き立ててくるんですよね。

だから意志が弱いから(←私)食べすぎるんじゃなくてね、ポテトチップスが罪深いだけなんですw

食べすぎを防ぐために、ちょっとした対策をしてみましょう。

 

対策:意思に任せない

ポテトチップスを食べ始めると、途中でストップするのは難しいんですよねぇ。気が付いたら1袋食べちゃったということになりがちです。

ですので、最後に残すのではなく…

  • 1日に食べる量をまず取り分けておく

といいです。当たり前のことなんですけど、慣れるまでは意外と大変。

 

食べたいポテトチップスに小袋タイプ(28g)があるなら活用しましょう。単純に食べすぎを防げます。

ポテトチップスってなぜか疲れていたり、ストレスが溜まって来た時に食べたくなりませんか?たくさん食べたくなっているときに、取り分ける行動はストレスになりがち。

小袋タイプなら、何も考えずに食べすぎを防ぐことができるので便利ですよ。

 

私がよくやっている方法…割り切って食べる!

ここまで、食べ合わせや間食の目安カロリー、小分け対策など紹介してきましたけど、私がたまにやる方法は…

  • 必殺、割り切り食べ!

ですw

割り切って食べちゃうんです。ダイエット中だろうがなんだろうが、食べるときは思いっきり楽しみながら食べます。

でも、念のために言っておきますが、『普段から暴飲暴食をしていない』という条件付きですよ。

 

不安感やビクビクしながら食べると、脳から『脂肪を溜め込め~』と指令が出るんだそう。

だから食べるときは、楽しみながらというのが前提。そして食べた後は2~7日かけて食事の糖質摂取量を調整します。

私はポテトチップスを食べたくなるときは、「ポテトチップスだけが食べたい」という気持ちでいっぱいです。だからポテトチップスだけを満足するまで食べます。

翌日は「やっぱりね~」という感じで体重が増えていますが、体がむくんでいるだけ。本当に体に蓄積されて太るのは、早くて2~3日、遅くて2~3週間後です。

 

納得いくまで食べたのは自分自身が選んだことなので、その後の糖質摂取量を制限して太らないように食事を工夫するのは当たり前のこと。本当はしたくないけど、しなければ確実に太っちゃいますから。

その時は、さっき紹介した代謝をサポートするビタミンBを多く含む食べ物を摂り入れることも意識しています。

 

ところで、間食を食べすぎても体重に変わりがないということもあります。

だからといって、調子にのって同じように食べつづければ、のちのち確実に体重に現れますのでお気を付けて。

 

食べる時間にひと工夫!

食べる時間としておすすめなのは…

  • 15時頃

ですよ。

この時間は、体内に入った糖や脂質を蓄積させるたんぱく質の働きが一番弱くなります。

詳しくはこちらを見てみてくださいね~♪

間食の太らない時間ってある?脂肪が溜まりにくい時間帯がベスト!

夜中は消化器官に負担がかかるので、太る原因になります。できるだけ控えましょう。

夜食は太る理由とは?脂肪蓄積に関わる危険なワナ

 

 

まとめ

では、これまでの話しをまとめますね!

ポテトチップスを食べると太るのかな?

  • カロリーが高い
  • 糖質が多い
  • つい食べすぎてしまう

ので太りやすい

対策

  • ビタミンB1やビタミンB2を含む食べ物と食べ合わせる
  • 酸化した油の吸収を妨げるために、抹茶や青のりを振りかけて食べる
  • 間食は200kcalを目安にする
  • 1日に食べる量をまず取り分けておく
  • 割り切って食べて、その後に食事の糖質摂取量を控える
  • 15時頃に食べるのがおすすめ

1日の総摂取カロリーを超えて、ポテトチップスを毎日食べていると太ると思いますので、くれぐれも気を付けてくださいね~。

食事代わりにするのは、体を作っている栄養素が摂れなくなるのでダメ。結果的に太りやすい体になっちゃいますよ。

 

<参考書籍>

伊達式! 飲んでも食べても太らない本 (宝島SUGOI文庫)

食べ合わせでキレイにやせる!

 

間食
スポンサーリンク
シェアする
ゆる暮らし ~ダイエットと家事と日々のこと~