ダイエット用クッキーで美味しいものは?私の好きなカルディから8種

ダイエット中でも美味しいクッキーを食べたい時はありませんか? そんな時は選んで食べると気持ちが楽になりますよ♪

私は糖質オフやストイックにダイエットする以外はクッキーを食べてます♪  それでも約35kg減量できているので、メリハリを付けるといいと思いますよ~。

でもね、クッキーはなんでもいいわけではなく、選ぶポイントがあるんです。また、食べるときに工夫も必要。でなければ、心の栄養になるはずのクッキーが逆に心の負担になっちゃいますから♪

 

今回は「ダイエット中だけどクッキーが食べたいっ! 」という同士であるあなたに…

  • ダイエット用のクッキーで美味しいもの8種
  • クッキーを選ぶときのポイント
  • クッキーを食べるときの注意点

などを紹介しますね!

なんでカルディなの?というと、1番目は、やはり私がカルディ好きだからですw

そして2番目には、カルディのクッキーは、ダイエット中でも食べてOKというポイントをクリアしているクッキーが多いからです。

「私はコレを選んだよ♪」という主観メインのお話ですが、ぜひ読んでみてください。何か参考になると嬉しいです。では、さっそく見てみましょうっ!

 

スポンサーリンク

ダイエット用のクッキーで美味しいもの8種!

コルシーニ アーモンド カントゥッチーニ

イタリアのトスカーナ地方の伝統的なお菓子のカントゥッチーニ。ビスコッティの一種でいわゆる『イタリアのビスケット』です。

甘口のワインやコーヒー、ジェラードなどに浸して、柔らかくなったものを食べるそうだけど、私はそのまま食べる方が好み♪

厚みがあって歯ごたえがあるので、食べごたえ十分。少量で満足できるんですよ!

鶏卵せんべいのような素朴な味で、アーモンドがゴロゴロと入っているので大好きです! 甘いんだけど後味がしつこくないのがいい♪

原材料は…
小麦粉、砂糖、アーモンド、鶏卵、バター、牛乳、蜂蜜、食塩/膨張剤、香料(オレンジ由来)
です。

 

大袋入りなので、小分けにして食べるのがキモw

 

ウォーカー ハイランダーショートブレッド

スコットランドの伝統的なお菓子のショートブレッドです。いわゆるバタークッキーですね~。

これがすごく美味しい! 封を開けたときのバターの風味から、食感も大好きです。

最高級の小麦粉やバターを使うなど、良質の原材料にこだわりがあるとのこと。また、添加物も一切加えていない、というところにも心を射抜かれましたw

厚みがある大きなショートブレッドなので食べごたえもあるし、バターの風味が口いっぱいに広がり、ひと口を頬張るたびに幸せな気持ちになります♪

塩気も強く感じるクッキーです。それが甘味を引き立てている感じ。

原材料は…
小麦粉、バター、砂糖、食塩
です。

 

個包装になっているのも高ポイント♪

 
ウォーカー ショートブレッド フィンガー

ハイランダーショートブレッドの”フィンガータイプ”。食感はこちらの方が好みです♪

ずっしり重みがあるのにサクサクとした食感があるんですよ~。もう、たまりませんっ。

こちらのショートブレッドもバターのコクや風味が最高。ハイランダーショートブレッドと同じく良質な原材料を使用しているクッキーなので、特別感があります。

爪楊枝で大きさを比較してみました~。結構大きめなので1本で食べごたえが十分♪

ショートブレッドって原材料の24%以上のバターまたは油脂を含むことが条件なんだそうですけど、ウォーカーのショートブレッドは『バターオンリー』。しかも、30%以上のバターを使ってるんですって♪

原材料は…
小麦粉、バター、砂糖、食塩
です。

いつ見ても、シンプルな素材に惹かれますw

個包装のものは食べ過ぎを防げるので嬉しい♪

グランマワイルズ ショートブレッドメルツ

イギリスのクッキーで、ザクッとした食感がいい感じです♪ショートブレッド特有のザクザク感はもちろん、薄焼きならではの歯ざわりが最高!

クッキーが薄いから開封前に2枚ほど割れてましたw

このクッキーも封を開けたときのバターの香りがたまりません。

ところで、初めて食べたときは「ん? 」と口の中に漂う香りに違和感があったんです。だけど、慣れるとこれがクセになるんですよ。

このクセはバターによるものかな。アクセントになって良い感じですけど、好みが別れるかも。ぜひ試してみて♪

原材料は…
小麦粉、バター、砂糖、コーンスターチ(遺伝子組み換えでない)、食塩
です。

 

このクッキーも塩気が強いです。外国のバタークッキー『あるある』なのかな。

クッキータイム クランチー 塩キャラメル&ミルクチョコレート クッキー

ニュージーランドの代表的クッキー。着色料不使用の質の高い材料を使っているそうです♪

キャラメルの甘さや粒がアクセントのしっとり系クッキー。クッキーにコクを感じるのはキャラメル作用。塩気もあるので甘さを引き立てている感じです♪

かなり甘いように感じるので、1枚で十分な満足感があります~。

原材料は…
小麦粉、バター、砂糖、ブラウンシュガー、キャラメル粒(転化糖、濃縮洋梨ピューレ、砂糖、果糖、シトラスファイバー(レモン、ライム、オレンジ、グレープフルーツ、マンダリンオレンジ))、チョコレート、グルコースシロップ、乳固形分、塩/安定剤(グリセリン)、香料、膨張剤、ゲル化剤(ペクチン)、着色料(カラメル色素)、乳化剤(一部に小麦、乳成分、オレンジ、大豆を含む)
です。

 

原材料のチョコレートは何で出来てるんだろう? と少し気になったけど、少量だからスルーw

ハードな甘いもの好きさんにオススメ♪

トロウマッド パレ

トロウマッド パレはフランスのバタークッキーです。1cmくらいの厚みがあるのに持ってみると軽く、そして簡単に割れるんです。

フランス北西部・ブルターニュ産のフレッシュバターをたくさん使っているクッキーだけど、今回紹介しているクッキー(コルシーニ アーモンド カントゥッチーニ以外)と比べると、バターの香りは主張してこないんですよ。

「今日はバターの香りがどうもね…」という時にチョイスしたい♪

でね、軽い歯ざわりで、口の中ですぐに崩れる感じ。サクッフワッって感じがする。牛乳入りだからでしょうね♪ザクザク感が苦手な人におすすめです~。

原材料は…
小麦粉、バター、砂糖、卵黄、牛乳、食塩、脱脂乳、膨張剤、(原材料の一部に卵を含む)
です。

 

食塩入りですが、主張してこないので好み♪

 

トロウマッド ガレット

こちらもトロウマッド パレと同じくフランスのクッキー。トロウマッド パレに比べると、バター控えめの薄焼きクッキー。

でも、バターの風味はしっかりあるし、サクサクした歯ごたえがいい♪牛乳などの水分が入っていなので、サクサクした心地いい食感が大好き!

割ってみるとトロウマッド パレより手ごたえはあります。そして、ソフトな甘さも好印象♪

このガレットはバターが主張するクッキーが苦手な人は食べやすいと思いますよ~。

原材料は…
小麦粉、バター、砂糖、鶏卵、食塩、脱脂乳
です。

 

こちらも食塩が入っているけど、主張してこないので好き♪

 

トロウマッド レースクレープ

トロウマッド パレとガレットと同じフランスのクッキー。

薄く焼き上げられた生地がそうになっていて、パリパリサクサクの食感が良いクレープクッキーです。折ってみると砕けてしまう生地の薄さ。

この食感はヤバイですよっ。危険すぎるっ。私は絶対に食べ過ぎるタイプのクッキーですw

甘いんだけどしつこくないし、バターの風味がふんわりと優しい♪

原材料は…
小麦粉、砂糖、バター、脱脂粉乳、食塩、麦芽エキス、乳化剤、膨張剤、(原材料の一部に大豆を含む)
です。

 

こちらも食塩の主張がないので食べやすいです♪

他にも、「ペパリッジファーム チェスメン」も気になりますが、近くのカルディに見当たらないです。

こんな時は通販という手もありますね♪

カルディコーヒーファーム(楽天市場)

 

ダイエット用の美味しいクッキーを選ぶポイント!

クッキーを選ぶ時は…

  • バター使用のクッキーを選ぶ

というのがポイントです♪

バターってカロリーが高くて太りやすいというイメージがあると思いませんか。でも、最近の栄養学では栄養素の働きがより詳しく分かるにつれて、バターを使用しているクッキーの認識が改められているそうですよ。

でね、このバターは血糖値が急に上がったり下がったりするのを緩やかにしてくれる効果があるんです。糖質だけの食べ物よりも「太りにくく」してくれるって、うれしいですよね~。

カルディのクッキーで私がおすすめした8種は、バター使用のものなので、ダイエット中でも罪悪感なく美味しいクッキーを楽しめますよ^^

そして…

  • 甘味料は『砂糖』を使っているクッキー

を選んでます。

ダイエット中は砂糖を控えたいけど、なにせ相手はクッキー。どうしても入ってますよね~。

クッキーの甘味料としてブドウ糖や果糖ブドウ糖液も使われていることがあるんですけど、砂糖よりも代謝のじゃまをしてしまいます。

ですので、甘味料は砂糖を使っているクッキーを選んでいます。

 

ところで、ショートニングやマーガリンなどはバターと別物なので気を付けて。トランス脂肪酸が含まれているため、消化を妨げて代謝が下がってしまいます。

 

また、植物油脂もトランス脂肪酸が含まれるので、私は原材料に植物油脂の表示があるものをなるべく控えています。

 

バターによって太る原因である血糖値の急上昇と急降下を抑えられるといっても、クッキーは小麦粉や砂糖が多いので太りやすい食べ物

ダイエット中にクッキーを食べるときは、次のことに気を付けましょう~。

 

ダイエット中にクッキーを食べるときはここに注意!

  • クッキーは食べ過ぎるようにできている

ので、ダイエット中は特に要注意ですよ~。

クッキーってね、サクサクした食感やたくさん含まれている砂糖の作用によって、たくさん食べるようにできてるんです。私たちの意志うんぬんの問題じゃないんです(←へりくつw)

 

冗談はさておき、クッキーにたくさん入っている砂糖は、脳の幸福感を刺激して次から次に食べたくなる作用をもたらします。

この作用は麻薬による快楽をもたらすものと同じ回路を刺激するとのこと。…厄介ですよね。

砂糖の作用について、詳しくはコチラを見てみてください^^

⇒ 砂糖断ちの上手な方法!克服するための決め手が肝心♪

 

多すぎる砂糖摂取は代謝のジャマになります。クッキーの食べ過ぎにはホント気を付けたいものですよね~。

 

ダイエット中にクッキーを食べるときはひと工夫を♪

ダイエット中にクッキーを食べるなら、ひと工夫をおすすめします♪

  • 大袋入りのクッキーは取り分けるか個包装の物を選ぶ
  • クッキーを食べる頻度は1週間に1回にする
  • クッキーを食べる量は一度に2枚程度
  • 食べる時間は15時くらい

 

食べるときは個包装になっているものを選んだり、大袋でも食べる分だけお皿に取り分けるなど工夫をしてみてください。

間食として毎日クッキーを食べると太る原因になるので…

  • 1週間に1回、2枚程度

を楽しむなど、決め事を作るとダイエットの妨げになりにくいですよ♪

 

そして、食べる時間もひと工夫。太りにくい時間帯とされている15時くらいがおすすめです^^

というのも、体に脂肪を蓄える働きのある『体内のたんぱく質(ビーマル1)』の働きが一番弱いから♪

詳しくはこちらを見てみてください^^

間食の太らない時間ってある?脂肪が溜まりにくい時間帯がベスト!

ちなみに、朝は甘いものを食べると太りやすいのご注意を~。

朝に甘いものを食べると太るの?食べ方を味方につけるのが秘訣♪

 

まとめ

それでは、これまでのお話をまとめますね!

ダイエット中におすすめ♪カルディのクッキーはこちら

  • コルシーニ アーモンド カントゥッチーニ
  • ウォーカー ハイランダーショートブレッド
  • ウォーカー ショートブレッド フィンガー
  • グランマワイルズ ショートブレッドメルツ
  • クッキータイム クランチークッキー
  • トロウマッド パレ
  • トロウマッド ガレット
  • トロウマッド レースクレープ

ダイエット中にクッキーを選ぶときのポイント

  • バター使用
  • 砂糖使用
    などのクッキーを選ぶ

ダイエット中にクッキーを食べるときの注意点

  • 個包装のものを選ぶ
  • 大袋のものは小皿に取り分けて食べる
  • クッキーを食べるのは1週間に1回、2枚程度だけにする

今回はダイエット用のクッキーで美味しいものについて、カルディのクッキーから8種を紹介しました♪

ダイエット中でも、クッキーを選んで、工夫したうえで食べるのは甘えではないと思いますよ。

好きな食べ物を断つ必要はないので、挫折でもなんでもありません。それどころか、コントロールして楽しみながら食べると、ダイエットは長続きしやすいので、たまにはOK。

 

今回紹介したクッキーは、私の感覚で選んだものばかりなので、参考程度にしてもらえると嬉しいです。

 

<参考・おすすめ書籍>

太らない間食 最新の栄養学がすすめる「3食+おやつ」習慣

食べてもやせる! 奇跡の食べ合わせ手帳

 

間食
スポンサーリンク
シェアする
ゆる暮らし ~ダイエットと家事と日々のこと~