食べて脂肪と体重を減らす!主治医が見つかる診療所の痩せる方法!

食事制限をしなくても、食べて体脂肪と体重を減らせるといいですよね。食欲の秋は美味しいものが多いので、ある意味ダイエットに酷な季節w

ですが…、テレビ東京の“主治医が見つかる診療所”で、食べたいものを我慢しなくても、脂肪を減らす方法を紹介されていましたよ~♪

カリスマ管理栄養士の伊達友美さんと菊池真由子さんが言われるには、食べながら無理せず痩せる『脂肪の減らし方』があるとのこと。

このテレビを見た人は、ダイエットイコール食事制限という常識を覆された人も多いのでは!?

今回は、テレビで放送されていた内容をお話ししますね~。さっそく見てみましょう!

スポンサーリンク

 

無理せずに食べながらラクに脂肪を減らす方法

最新の栄養学では脂肪を減らすために、ダイエット中でも食べてもいいんですよ~♪

その常識を覆す、最新の栄養学に基づいたダイエット方法は…

  1. 伊達式!食べて脂肪を減らすテクニック
  2. 菊池式!好きなものを我慢しない方法

の2つです。いずれも、食べながらラクに脂肪を減らす方法です。

 

脂肪を減らすために、食べたい物を我慢してダイエットをしている人って多いんですよね。かつての私もその一人です…。だけど、食べてもいいんです。

では、まず『伊達式!食べて脂肪を減らすテクニック』から具体的に見ていきましょう~。

 

1.食べて脂肪を減らす伊達式テクニック

6000人の脂肪を減らしたカリスマ管理栄養士である、伊達友美さんの食べながら脂肪を減らす方法は…

  • ダイエットで陥りやすい落とし穴を回避

する方法です。

その陥りやすい落とし穴は…

  1. 具だくさんの野菜スープ
  2. ノンオイルドレッシング
  3. 腸内環境が悪くなりがちな食べ物

の3つ。

それでは、ひとつずつ具体的に見ていきましょう!

 

1.ダイエットで陥りやすい落とし穴「具だくさんの野菜スープ」

ダイエット中の空腹感を紛らわせるために、野菜を多く食べる場合ってありますよね。でも、それが問題になることもあります。

伊達先生によると、野菜だけで満腹感を得ようとすると…

  • 脂肪を減らす栄養素が不足すため、逆に痩せにくくなる

ケースもあるとのこと。

食物繊維が多すぎると、かさ増しした分、他の栄養素が足りなくなってバランスが悪くなるんです。

そこで、具だくさんの野菜スープには次の食材をプラスするといいと言われています♪

 

おすすめの食べ物

具だくさんの野菜スープには、脂肪を減らすために徹底的に足りないものがあるので…

  • ビーフジャーキー

をプラスしましょう~。

具だくさんの野菜スープの、脂肪を減らすために足りない栄養素は、タンパク質です。

タンパク質は、筋肉や臓器の材料となる栄養素です。たんぱく質が足りなくなると、結果的に筋肉量が落ちて、余計な脂肪が十分に燃やせなくなるのです。

つまり、脂肪を減らすために、絶対に必要な栄養素。しかも、人間は動物なので、動物性のタンパク質を摂ったほうが吸収が良いのでおススメとのことです♪

伊達先生がおすすめする、ビーフジャーキーの原料は牛肉。脂肪燃焼に欠かせないLカルニチンが豚肉や鶏肉に比べ非常に多く含まれています。

赤身のお肉には、動物性のタンパク質と鉄分とLカルニチンが含まれていて、これが代謝を上げるのに必要な栄養素なんですね~。

 

スープのトッピングにするなら、ビーフジャーキーは1枚程度で良いそうですよ。

肉や魚、卵といった動物性たんぱく質は、1日に手のひら2つぶん摂るのがおすすめです。伊達先生によると、手首から指先まで厚さも含めての3Dで、だいたい、両手のひら2枚分摂るといいそうですよ。

それでは、次に「ノンオイルドレッシング」についてです~。

 

2.ダイエットで陥りやすい落とし穴「ノンオイルドレッシング」

ノンオイルドレッシングは、油がなくても美味しく食べられるように…

  • 糖分が多い

ものがあるんだそうです。糖質制限をしている人は、ノンオイルドレッシングは避けて方がいい調味料。

そこで、おすすめされていたのが次の調味料です。

 

おすすめの調味料

糖質制限には完璧な調味料として、おススメされていたのは…

  • マヨネーズ

です。

伊達先生によると、マヨネーズには脂肪を減らすために不可欠な、タンパク質と脂質が適度に含まれていて、さらにお酢が原料に入っているので、とても理にかなった調味料なのだとか。

ただし、カロリーオフのマヨネーズは、ノンオイルドレッシングと同様に、糖質量が上がるので避けてください。

適量のマヨネーズは食事の満足度も上がるため、糖質制限にはむしろオススメとのことですよ~♪

それでは、次に「腸内環境が悪くなりがちな食べ物」について見てみましょう。

 

3.ダイエットで陥りやすい落とし穴「腸内環境が悪くなりがちな食べ物」

動物性のタンパク質をたくさん食べる唯一の問題点は…

  • 腸内環境が悪くなりがち

になるというものです。

そこで重要となるのは、次に紹介する発酵調味料です。

 

おすすめの調味料

お肉をたくさん食べる場合は…

  • ペッパーソース(タバスコ)

を調味料として使いましょう。

ペッパーソース(タバスコ)は発酵調味料の仲間で、腸内環境を改善して代謝を促進する働きがあります。伊達先生によると、納豆やチャーハンにもオススメなんだそうですよ~。

では、これらの『ダイエットで陥りやすい落とし穴を回避する方法』を10日間試した大神いずみさんの成果を紹介しますね!

 

大神いずみさんが10日間試した成果!

元アナウンサーの大神いずみ(49歳)さんが、10日間試した成果は…

  • -1.3kg

です。

自己流の糖質制限に行き詰まり、体重の減少が止まっていた大神さんは、たった10日で-1.3kgの減量に成功されていました♪

 

大神さんが今年から始めたのが糖質制限なのだそうです。糖質制限とは、ケーキや果物などの甘いものだけでなく、ご飯やパン、麺といった糖質を多く含む食べ物を控える食事法です。

だけど、大神さんは好きなものが食べられない食事法にかなり苦戦されて、しかも、最初は順調に4㎏痩せるも、ここ3か月は全く変化なしだったそうですよ。

そんな中、大神さんの糖質制限の大きな落とし穴を、今回の伊達式食べて痩せる方法で見事に回避されました♪

 

ここまで、管理栄養士の伊達由美子さんの、食べながら脂肪を減らすダイエット方法を紹介しました。

次は、『菊池式!好きなものを我慢しない方法』を具体的に見ていきましょう!

スポンサーリンク

 

2.菊池式!好きなものを我慢しない方法

好きなものを我慢せず、食べながら脂肪を減らす方法とは…

  • ブログダイエット

です。

スマホやパソコンを使って食べながら脂肪や体重を落とす方法で、ほとんどの人がすんなりと体重を落としているそうですよ。

 

菊池真由子さんは、これまでに阪神タイガースや国立循環器病センターなどで、最新の栄養学に基づく食事指導を行ってきた管理栄養士です。

ブログダイエットは、まずインターネット上のブログに食べた物の写真とその説明文を毎日毎食アップ。

これを見た菊池先生が「どうせ食べるなら、こうしましょ」と脂肪を減らすための添削をしてくれるというものです。

 

菊池先生と相談者とは…

  • 顔を合わすことがなく
  • 誰にも知られることなく
  • こっそりと脂肪を落とすことができる

そうです。菊池先生の指導を受ける人は3か月待ちなんだとか。

その方法を次から具体的に紹介しますね!

 

食事内容と画像をブログにアップ

例:バイきんぐ西村さんの初日の食事内容

  • 大盛りトマトの魚介パスタ300g
  • 水菜サラダ
  • 自家製ドレッシング
  • 冷や奴
  • 缶ビール350mlを2杯

 

これでもかというくらいの、唐辛子とチリペッパーソースがポイントなんだそうです。朝と昼を食べ損ねたので夜にバカ食いなど、食事内容と画像をブログにアップ。

このブログを見た菊池先生の返事は…

  • パスタの量は多すぎです
  • あと、1日3食きちんと食べたほうがドカ食いを防ぐので太らない

とのこと。

そして…

  • ビールは止めないでいいですよ。炭酸がたくさん入っているので、おなかが膨らみます。
  • ただし、1日平均で中ジョッキ1杯500ml程度に調整するのが太らないコツ

など、ブログダイエット初日からムリをしないで痩せるための、丁寧なアドバイスをされていました。

 

菊池流食べながら脂肪を減らすポイント
  • 1日3食を食べてドカ食いを防ぐ
    3食きちんと食べたほうがドカ食いを防ぐので太らない。
  • ビールは1日平均500mllまで
    炭酸がたくさん入っているので、おなかが膨らむ。ただし、500mlまでが太らないコツ。
  • ビールは枝豆と一緒に食べると太らない
    枝豆に含まれるビタミンB1は糖質を分解して、ビタミンB2は脂肪を燃やす効果が期待できる。
  • 魚は刺身で食べると脂肪燃焼効果がある
    魚の脂肪は肥満につながる中性脂肪の増加を抑えるDHAやEPAが含まれているので、脂肪燃焼効果が期待できる。
  • スイーツはショートケーキよりもシュークリーム
    ショートケーキはスポンジケーキの中に砂糖がたっぷり入っているので、カロリーが上がってしまう。
    菊池先生によると、選び方を間違わなければスイーツを我慢しなくても食べながら脂肪は減らせるとのこと。
  • 唐辛子の代わりにショウガがオススメ
    唐辛子に含まれるカプサイシンとショウガに含まれるジンゲロンはどちらも脂肪燃焼効果がある。
    しかし、秋に唐辛子を使うと、辛み成分であるカプサイシンの食欲増進効果の方が強く出てしまうので、ショウガの方がおススメ。

 

菊池先生が使っているのが、ショウガオイルだそうですよ~。ショウガを熱して作るショウガオイルを食べ物に合わせれば、脂肪を燃やす、減塩効果が期待できます。

ショウガオイルの簡単な作り方を次に紹介しますね!

 

ショウガオイルの作り方

ショウガオイルの作り方を簡単に紹介しますね。

材料
  • 皮付きショウガ:適量
  • オリーブオイル」適量

 

作り方
  1. ショウガを皮付きのまま、フードプロセッサーなどでみじん切りにする
  2. 加熱したオリーブオイルに入れて、弱火で1分間かき混ぜる
  3. 冷ましたあと、冷蔵庫で保管すると1週間程度使える
  4. ショウガオイルはパスタの他に炒め物や焼き物にオススメ

 

では、これらの『ダイエットで陥りやすい落とし穴を回避する方法』を2週間試した、バイきんぐ西村さんの成果を紹介しますね!

 

バイきんぐ西村さんが2週間試した成果!

バイきんぐ西村さんが2週間試した成果は…

  • -1.4kg

です。

内臓脂肪は…

  • 138㎠ → 117㎠(-21㎠)

 

ブログに食事の画像と説明文を載せて、菊池先生のアドバイス通りに改善していくだけで減量に成功されていました~。

「一切我慢していなかった」ということなので、ごく自然と食生活改善されていったのでしょうね♪

 

食事内容の画像と内容をブログにアップすることで…

  • 丁寧な返事でやる気に!
  • 毎日の丁寧なアドバイスに感化
  • 無理せずに食生活が変化

など、変化が現れていました。

スポンサーリンク

まとめ

それでは、これまでのお話をまとめますね!

無理せずに食べながらラクに脂肪を減らす方法

伊達式!食べて痩せる方法

糖質制限の大きな落とし穴を…

  • 具だくさんの野菜スープ
    ビーフジャーキーをプラスする
  • ノンオイルドレッシング
    マヨネーズにチェンジ
  • 腸内環境が悪くなりがちな食べ物
    発酵調味料をプラスする

などの方法で回避する。

菊池式!好きなものを我慢しない方法

  • ブログダイエット

食事内容と画像をブログにアップすると、ムリをしないで痩せるための丁寧なアドバイスがある

 

今回は、食べたい物を我慢せずに脂肪を減らす方法について紹介しました。

動物性のタンパク質を摂るのが大事ということだけど、誤解してステーキを1日3食500gずつだけを食べて、他は食べられないという状態は避けたいものですね。

糖質制限におすすめの肉やマヨネーズですが、摂り過ぎによるカロリーオーバーにお互い注意しましょう~。

 

脂肪を減らすというと、我慢や苦労という言葉がダイエットに付き物だと思われがちだけど、最新の栄養学に基づくと、決してそんなことはないことが分かりました。

食べるなら体重や脂肪を落とす食べ物を選んで、無理や我慢はしないダイエットは長く続きやすいですよね。それでは、また(^^)/~~~

 

<参考番組>

テレビ東京『主治医が見つかる診療所』