蕎麦の便秘解消をする食べ合わせ法!この差って何ですか?で紹介

TBSテレビの『この差って何ですか?』で、蕎麦の便秘解消効果が倍増する食べ合わせが紹介されていました。

便秘と言えば、多くの女性の悩みの代表格ですよね~。蕎麦にどのような食べ物をトッピングするかによって、便通改善効果を倍増させることが番組で紹介されていたんですよ^^

蕎麦自体にも便秘解消効果が期待できるんですけど、何をトッピングさせるかという食べ合わせによって、さらに便通改善が期待できます。

便秘になるとダイエットの妨げにもなるので、是非とも解消したいものですよね。

そこで、今回は…

  • 蕎麦の便秘解消効果をUPさせる、食べ合わせ(トッピング)

について紹介します。それでは、さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

蕎麦の便秘解消効果をUPさせる食べ合わせとは

蕎麦はある食材と食べ合わせると、便秘解消効果をより高めることができます。その食材とは…

  • ワカメ

です。

蕎麦に食物繊維が含まれるので、蕎麦自体に便通を良くする効果が期待できます。

蕎麦に含まれる食物繊維は、水に溶けない不溶性食物繊維。一方、ワカメの食物繊維は水に溶ける水溶性食物繊維です。

 

これを両方摂るということが、便秘に対する効果が大きいと考えられているんですよ^^

その理由は、ワカメに含まれる水溶性食物繊維は、便の中に入っていくと便をゼリーのように柔らかくする作用があります。

すると、よりスムーズに便が排泄されるようになって、便秘解消に繋がるということなんですね。

では次に、蕎麦の便秘解消効果について少しお話しますね。

 

蕎麦の便秘解消効果とは

『この差って何ですか?』に出演されていた、神戸学院大学栄養学部名誉教授の池田清和先生によると、便秘を解消するのに蕎麦はとても効果的なんです。

なぜなら、蕎麦は食物繊維がたっぷり。蕎麦と同じく、主食であるご飯やうどんと比べてみると、食物繊維の量は100g中…

  • ご飯:0.5g
  • うどん:0.8g
  • 蕎麦:2.0g

です。

蕎麦は、ごはんやうどんと比べて2倍以上も食物繊維が入っています。そんな蕎麦に含まれる食物繊維の多くは、水に溶けにくい不溶性食物繊維と呼ばれるもの。

不溶性食物繊維は体内に入ると腸の中で便と混ざるのですが、この時に食物繊維は水分を吸って膨張するので便のカサが増します。

すると、増えた便によって腸が刺激され便を押し出す動きが活発になるので、便秘を解消することができるのです。

先に話したワカメは水に溶ける水溶性食物繊維がたっぷり。蕎麦を食べるときはワカメをトッピングして食べ合わせてみてくださいね♪

まとめ

それでは、これまでのお話をまとめますね!

蕎麦の便秘解消効果を高める食べ合わせ(トッピング)は?

  • ワカメ

今回は、TBSテレビの『この差ってなんですか?』で紹介された、蕎麦の食べ合わせによる便秘解消効果を紹介しました!

蕎麦は便秘解消効果の他に、高血圧解消や免疫力アップなど色々な効能があります。私は年越しそばを食べる程度でしたが、これからは頻繁に食べたいと思います^^

蕎麦を購入するときは、パッケージの裏側に記載がある成分表も要チェックです。左側に表示されているほど含有量が多いですので、『蕎麦』が一番左に載っているものがおススメです。

 

 

 

雑学
スポンサーリンク
シェアする
ゆる暮らし ~ダイエットと家事と日々のこと~