クエン酸スプレーの作り方は超簡単!ズボラな私でも失敗知らず♪

クエン酸を使った掃除方法をテレビで知ってから買ってみたものの、実際に使うことがありませんでした(汗)

だけどつい最近、水垢のついた器をクエン酸水に浸け置きしてみました。すると簡単にキレイになったので感激♪

クエン酸は弱酸性の粉末です。アルカリ性の汚れを中和して落とすので、アルカリ性である水垢掃除におすすめです。

というわけで水回り掃除に使うために、クエン酸水をスプレーボトルに入れて活用するようになりました^^

そこで今回は…

  • クエン酸スプレーの作り方
  • クエン酸スプレーの用途
  • クエン酸スプレーを使う時の注意点

などをお伝えしますね。

それでは、さっそくクエン酸スプレーの作り方を見てみましょう!

スポンサーリンク

クエン酸スプレーの作り方

材料
  • クエン酸:小さじ1
  • 水:200ml
  • スプレーボトル

手順 .1

水にクエン酸を溶かす

手順 .2

スプレーボトルに入れる

とても簡単に作れました♪

クエン酸はホームセンターや100均、通販で入手できますよ^^

クエン酸を楽天市場で見てみる

 

1袋でけっこうな量が作れるのでコスパが抜群です。次はそのクエン酸スプレーの用途について簡単にお伝えしますね。洗剤では落ちない汚れをピカピカにしちゃいましょう~。

 

クエン酸スプレーの用途

クエン酸スプレーは以下のような汚れ落としに便利です。

  • お風呂や洗面所、キッチンなど水回りに発生する水垢
  • トイレ臭や尿汚れ
  • 雑菌が気になるところの拭き掃除

 

水周りの水垢が気になる部分に、クエン酸スプレーを吹きかけてこすります。

少しの水垢であれば、スポンジで落ちますよ~。

時間が経ってこびりついている場合は、クエン酸スプレーをしたあとにラップで巻いて1~2時間待つと落ちやすいです。

また、トイレのアンモニア臭はアルカリ性の汚れがもとになっているもの。そのため酸性のクエン酸で消臭できます。床や壁にクエン酸スプレーを吹きかけて、拭き掃除してみてください。臭いが気にならなくなりますよ^^

 

そして、クエン酸は雑菌の繁殖を抑える作用が期待できるので、キッチンやダイニング、トイレなどの拭き掃除に使ってみて下さい。

ただし、市販の専用洗剤のような強い洗浄力は期待できません。ですので、黒カビなどを殺菌するような効果はありません。

みいこ
みいこ

クエン酸の成分は酸性なので、同じ酸性の汚れである油汚れや皮脂汚れに対して洗浄効果を期待できません。これらの掃除には重曹水を使ってみて下さい

クエン酸は食品に含まれている酸味成分。自然由来なので肌や素材、環境などにやさしいエコ洗剤です。なので安心感も大きなメリット。だけど、注意すべき点もいくつかあるので次にお伝えしますね。

 

クエン酸を使用する時の注意点

クエン酸を使用するときの注意ポイントは以下の通りです。

  • 大理石(天然、人造、人口ともに)、鉄、アルミ製品には使用しない
  • 塩素系漂白剤と一緒に使用しない
  • コンクリートに使用しない

 

大理石や鉄、アルミは酸に弱いため、クエン酸の使用は避けてください。クエン酸水の成分は酸性です。弱いとはいえ『酸』なので溶けたり、変色の恐れがあります。

 

コンクリートへの使用も劣化の恐れがあるので避けてください。

塩素系の洗剤と混ぜて使うと、有毒ガスが発生します。絶対に混ぜないでください。

みいこ
みいこ

クエン酸を使用するときは眼鏡やマスク、手袋を装着すると安心です。クエン酸が目に入ると強い痛みが出ます。もし目に入った場合は、流水で充分に洗い流し、傷みが残る場合は医療機関に相談しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

それでは、これまでのお話をまとめますね!

クエン酸スプレーの作り方

  • 水200mlにクエン酸小さじ1を加えてよく混ぜる
  • スプレーボトルに入れたらできあがり

クエン酸スプレーの用途

  • お風呂や洗面所、キッチンなどの水回りに発生する水垢
  • トイレ臭や尿汚れ
  • 雑菌が気になるところの掃除

クエン酸スプレーを使う時の注意点

  • 大理石(天然、人造、人口ともに)、鉄、アルミ製品には使用しない
  • 塩素系漂白剤と一緒に使用しない
  • コンクリートに使用しない

今回はクエン酸水スプレーの作り方をお伝えしました。

クエン酸水をスプレーボトルに入れて使用すると、シュシュッと吹きかけて布で吹くだけ。簡単に掃除ができるので使い勝手がいいと思っています。

 

また、エコな洗剤なので万が一、口に入っても安心感があることころもお気に入りです。

ただし、クエン酸を使用できない製品はあります。また、使い方によっては有毒ガスを発生させるので要注意です。絶対に塩素系漂白剤と一緒に使用しないようにして下さい。

ここだけ注意していると安心です。お互いに気を付けて、気持ちよく掃除に励みましょうね。では、また(^^)/~~~