アルミホイルは裏表あるの?見分ける方法があるのか調べてみた!

アルミホイルを使うときに、裏表を気にしたことはありませんか?

私はピカピカ光るほうが表だろうと思い込んでいました。だから、アルミホイルを落とし蓋にするときも、ホイル焼きにするときも、ピカピカ光るほうが表になるように使っていたのです。

ピカピカの面が表だと思い込んで当然のように使っていたのですが、ある時ふと「なぜアルミホイルは裏表があるのかな~」と気になりました。

しかも、「そもそも私が表だと思っている『面』は本当に表なのかな」と疑問が疑問を呼ぶ始末。ということで、見分ける方法があるのか調べてみることにしました。すると、「あら~…」と苦笑する結果にw

今回はアルミホイルの裏表疑問についてシェアしますね。さっそく一緒に見てみましょう!

スポンサーリンク

アルミホイルに裏表あるの?

アルミホイルはピカピカ光る面とマットな内面がありますよね。私は見た感じのイメージで光るほうが表だと思っていたのですが、一般社団法人 日本アルミニウム協会によると…

  • アルミホイルに裏表はない

とのことです。…見分ける方法はそもそもありません。どちらが表でも裏でもいいw

 

見た目に違いがある理由は、アルミホイルが作られる過程にあります。専門的な説明は省略しますが、アルミホイルを作る過程により、面がツルツルしている面と、目には見えない凸凹がある面ができるのです。

みいこ
みいこ

つまり、「好きなように使っちゃって~♪」ということですよね。ということで、次は私好みのアルミホイルの使い方を紹介します。

 

アルミホイルの見た目を生かした使い方

アルミホイルはホイル焼きや落し蓋、おにぎりを包んだり、トースター、オーブンに利用したりと用途はけっこうたくさんありますね。

私は光沢のある面が好きなので、アルミホイルのピカピカ面が表になるように使っています。どちらの面も食材がアルミホイルにくっつくので、薄く油を塗っておくといいですよ。

『どちらかの面を使用すると食材がくっつきにくかったり、熱伝導がいい』とか聞いたことはあるのですが、調べてみても違いの根拠が見つかりませんでした。ですので、私個人としては好きなほうを使って料理をしています^^

 

最近は食材がくっつかないアルミホイルが販売されていますよね。油をひかなくてもいいので、用途に合わせて使ってみてください。

⇒ くっつかないアルミホイルの一覧を見てみる(楽天市場)

 

そういえば、アルミホイルの使い道で面白い動画を見つけました! その動画は海苔おにぎりの『パリパリ感』を保つ包み方です。

 

アルミホイルでコンビニおにぎりを再現できる

私はおにぎりをアルミホイルでそのままダイレクトに包んでいます。海苔おにぎりの場合は、海苔が湿気るのですが『海苔のしっとり感』も私はお気に入りだったりします。また、仕方がないなという思いもありますし。

ところが、アルミホイルでコンビニおにぎりを再現している方がいるんですよ~! この方法なら、海苔のパリパリ感がキープできるでしょうね^^

この動画を見てみてください。

 

すごいですよね~♪ なんというアイデア。パリパリ海苔がお好きな方はぜひ試してみください。

まとめ

それでは、これまでのお話をまとめますね。

アルミホイルに裏表はあるのか?

『ない』ので好みで面を使い分けてみてください

今回は、アルミホイルに裏表あるのかどうかについてお話しました。

アルミホイルに裏表はなく違いもないので、用途によって好みで使い分けてみてください。私は光沢のある面を表扱いしていきます^^

 

光沢のありなしの違いはなぜなのかというと、それはアルミホイルが作られる過程によるものです。

私は何となくピカピカしている面が表だと、分かっているつもりで使っていたのですが、とんだ勘違いですw

くっつきにくさや熱伝導などいろいろと聞いたことはありあますが、あまり差はないということですし根拠も見つけられなかったので、私は気にせずに使おうと思います。それでは、また(^^)/~~~

 

雑学
スポンサーリンク
シェアする
ゆる暮らし ~ダイエットと家事と日々のこと~