アトピスマイルクリームの口コミや効果!薬に頼らず肌が良くなる!?

頬と右瞼の上にガサガサの肌あれになってしまいました。しかも、赤くなっていてすごく痒い!

肌の表面が白くなってフケみたいなものがポロポロ取れるんです。病院でもらった薬を塗ると治まるんですけど、しばらくするとまた同じことの繰り返し。

私はもともとオイリー肌だったのに、年齢を重ねるについて肌質が変わった感じがします。「根本から見直したいな」と思っていたところ、アトピスマイルクリームの存在を知りました。

⇒ アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

 

こちらのクリームは、肌を根本から整えてくれるとのことですよ。というわけで、今回はアトピスマイルクリームについて口コミや効果をリサーチしました。それでは、さっそく紹介しますね。

 

スポンサーリンク

アトピスマイルクリームの効果にどんな口コミがある?

それではアトピスマイルクリームの口コミ評価を

  • 良い点
  • 悪い点

に分けて紹介します。

口コミについては@cosmeさんやAmazonさん、ネット検索で見つかった口コミ情報の中で特に印象的なものについてまとめました。

 

良いと感じた点
  • 顔と両腕は炎症が前より治まった
  • 肌はもっちりして、きめが整った
  • 匂いもなく、ベトつかない
  • 乾燥で皮が剥けてしまっても保湿とアトピスマイルだけでも対処できるようになった
  • 軽度のアトピー(超乾燥肌)の子供のガザガザ肌が、薬に頼らず柔らかくなった

 

悪いと感じた点
  • 少し重たいクリームなので、顔がベタつく感じがする
  • 乾燥しているところにすぐになじんでいくけど、乾燥していない部分がべたつく
  • 赤い跡ができてしまい肌に合わなかった

 

乾燥が気になるお子さんの肌が柔らかくなったという意見の反面、赤い跡ができてしまったという意見もありますね。どのクリームにも当てはまりますが、パッチテストを行ってから使用するとともに、異常が出たときはすぐに使用を注意して医師にみてもらってください。

カサカサになっていない部分にまで塗るとべたつくそうですね。使い分けると肌に良い変化がみられそうです^^

顔に塗るものについて匂いがあると、体調が優れないときは苦痛を感じやすいですが、アトピスマイルクリームは無香料。私の顔に現れた超カサカサな部分に塗っていきたいと思います。

口コミにあるように、薬に頼らず肌が潤って柔らかくなるのは、アトピスマイルクリームの成分であるライスパワーNo.11という『お米由来』の成分です。次に、アトピスマイルクリームに含まれている成分について紹介しますね。

 

アトピスマイルクリームの全成分

ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)

水、1,3-ブチレングリコール、2-エチルヘキサン酸セチル、濃グリセリン、ステアリン酸、ミリスチン酸オクチルドデシル、ホホバ油、オリブ油、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、ショ糖脂肪酸エステル、モノステアリン酸ポリグリセリル、マルチトール、メチルポリシロキサン、N-ステアロイル-L-グルタミン酸ナトリウム、バチルアルコール、メチルパラベン、天然ビタミンE、L-アルギニン、キサンタンガム、プロピルパラベン、ブチルパラベン、エデト酸二ナトリウム、L-セリン、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、2-アミノ-2-メチル-1,3-プロパンジオール、グリチルリチン酸ジカリウム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)

参考元:アトピスマイルクリーム公式サイト

ライスパワーNo.11は日本で唯一、肌の水分を保ち、良い状態を実感できることが認められた医薬部外品の成分です。

ステロイド剤には及びませんが、肌本来の水分保持力を高めるという働きをするため、肌が痒くなったり赤くなるという、そもそもの原因を防ぎます。

 

アトピスマイルクリームの特徴は?

アトピスマイルクリームの原料は日本人が慣れ親しんでいるお米です。お米から生み出された『ライスパワーNo.11』成分配合。肌の奥から水分を保つ力をサポートします。

  • ステロイド不使用
  • 無香料・無着色
  • カゼイン不使用

など、赤ちゃんから敏感な肌の方まで使える、医薬部外品のクリームです。しかし、赤ちゃんは自分で異変を伝えることができないので、パッチテストを行うと安心だと思います。

牛乳由来の界面活性剤であるカゼインナトリウムを含んでいないので、牛乳アレルギーの方も使えるクリームです。

ところで、アトピスマイルクリームはステロイド剤の代わりにはなりません。現在ステロイド剤を使われている方は医師に相談して使用しましょう。

詳しくはこちら⇒ アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

 

アトピスマイルクリームに期待できること

ライスパワーNo.11は日本で唯一、肌が本来持っている…

  • 水分を保つ能力が高まる

と認められている成分。お米から麹菌、酵母、乳酸菌などの微生物の力によって作られています。

お米から生み出された安全性が高い天然のエキスで、皮膚刺激性試験において蒸留水と同等以上の安全性が認められているとのことです。

ライスパワーNo.11は肌の外側から真っ先に潤して、肌の細胞が生まれるところまで浸透。すると、肌を守る機能が整うので、みずみずしい肌を実感できるようになります。

肌に水分が保たるとバリアが正常に働くので、かゆみの原因となる物質が肌の中に入りにくくなります

繰り返してしまう肌あれを根本からサポートしてくれるのがアトピスマイルクリームです。

ただし、今すでに起きているかゆみのある肌への実感は、ステロイドに及ばないと思いますので医師の診断を受けてください。

詳しくは公式サイトへ⇒ アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

 

アトピスマイルクリームの効果的な使い方は?

  • アトピスマイルクリームを少しずつ出す
  • 1日数回、体の気になる部分に塗る
  • お風呂上りはたっぷりと塗る

 

アトピスマイルクリームはよく伸びるので、まずは少しずつ手に取りましょう。顔や手、首、腕、脚、かかとなど全身に使えます。

特にお風呂上りは肌の水分が蒸発しやすいですよね。重ねてたっぷり塗りましょう。塗る回数に決まりはないので気になったときにどうぞ。

 

販売店はどこ?

アトピスマイルクリームは、実際の店舗での販売はされていません。ラッグストアや薬局などで探してみたのですが見つかりませんでした。公式サイトやアマゾンなどの通販のみのようです。

ただ、確認してみるとアマゾンで購入する場合は送料が発生します。アマゾンはポイントが付きますが、公式サイトでは送料無料で購入できますのでお得さを感じます。

 

また、公式サイトは肌の相談が無料でできるサービスもあるようです。アトピスマイルクリームとライスパワーエキスについて知り尽くしている人が、相談に乗ってくれるのは心強さを感じます。

詳しくは⇒ アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

 

まとめ

それでは、これまでの話をまとめますね。

良いと感じた点

  • 炎症が治まった
  • 肌がもっちりしてキメが整った
  • 匂いもなくべたつきもない
  • 皮がむけるほどの乾燥肌が対処できた
  • 薬に頼らず柔らかくなった

 

悪いと感じた点

  • 重ためのクリーム
  • 乾燥していない部分に塗るとべたつく
  • 赤い跡ができてしまった

 

肌を良い状態に導く成分

  • ライスパワーNo.11

 

アトピスマイルクリームの特徴

  • ステロイド不使用
  • 無香料、無着色
  • カゼイン不使用

 

使用すると期待できること

  • 肌が本来持っている水分を保つ能力が高まる

 

使い方

  • 気になったときに塗る
  • お風呂上りは塗り重ねる

今回はアトピスマイルクリームの口コミをリサーチしました。肌の乾燥からくる痒みや皮が剥けてしまうなどの状態は、治まったと思ってもまたぶりかえしてしまうんですよね。

薬での対処は一時的なもの。根本的な部分から良くしなければならないのは分かっていましたが、私は今までその手段に出会うことができませんでした。

 

顔に水分を補充してもすぐに乾いてしまう。オイルを塗ってみたこともありますが、顔がベタベタ、ギラギラしてとても人前に出られたものではありません。そして、結局また薬に頼るという状態。

肌が本来持っている水分を保つ能力をサポートする成分が入っているアトピスマイルクリーム。今回調べて分かった“良い点と悪い点”に心をとどめて、私も使用したいなと思いました。

 

※皮膚科の塗り薬との併用は医師に相談して使用してください。