夜食は太る理由とは?脂肪蓄積に関わる危険なワナ

主人は仕事で遅いと夕食が21時過ぎるのですが、うらやましいことに太らないです。

仕事上、職場で1日2万歩以上は歩き回っているそうですが、それに加えてランナーなので油断するとすぐに痩せてしまいます。

 

主人に合わせた時間に夕食を食べると『おデブちゃん』に逆戻りですので私の夕食は18時です。働きに出ていた時は20時を過ぎることもあったのですが、ダイエットをしていた当時の対処法はまたの機会にお話しますね。

 

話は戻りますが21時過ぎに主人の食事の用意をすると、私も食べたくなるからヤバいです!いちおう万年ダイエッターなので、夜食は控えるべきだと思っています。

でも、

  • 夜食は太るってどういう理由からなのでしょうね?

 

今より30㎏以上太っていた時は夜食を食べてて、実際に太っていくことは体感しました。体感はしましたが、太る理由を知ったら、今現在に見舞われてる葛藤も治まるんじゃないかな、というわけで調べてみることにしたのです。

食欲が引っ込むような恐ろしいことが分かったので、ダイエット中のあなたにシェアしますね。

 

スポンサーリンク

夜食は太る理由ってなんでしょう?

夜食は太るからガマンしよう、というのはダイエッターの鉄板のお約束ですよね。でも、疑問に思ったので調べてみると、どうやらこのような理由のようです。

  1. BMAL1が脂肪を増やす
  2. ガマンしすぎて結果的に食べるから太る
  3. 夜遅いと食べたものが消費されない
  4. 食事誘発性熱産生が低い

空腹時間が長くなると、次の食事で血糖値が跳ね上がると聞いたことはありませんか?

 

血糖値が跳ね上がる食事にも理由がありますし、メニューを選ぶことで血糖値の上昇を気にすることなく食事は摂れます。

 

血糖値については別記事でご紹介したいと思いますので、今回は夜食が太る理由にしぼって書いていきますね。また、空腹にもメリットはあります。記事の後半に書きますので特に私と同じアラフォーのあなた、見逃さないでくださいね。

 

さて、夜食は太る理由って意外とたくさんの理由があるものですね。ほどよい夜食は必要な場合もありますが、夜食には危険なワナがひそんでました。それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

1.BMAL1が脂肪を増やす

BMAL1は、ビーマルワンと呼ばれているタンパク質です。体内時計を管理していて時間帯によって異なる働きをします。

その働きとは…

  • 22時から脂肪を急激に溜め始めて、深夜2~4時に脂肪の蓄積がピークになる

というのですから、恐ろしいタンパク質ですね。しかも、恐ろしさに拍車をかける情報も!

 

  • 肥満の傾向にある人ほど、BMAL1(ビーマルワン)は活発に働く

という傾向にあるそうです。

なるほどです!私が肥満だった時は、雪だるま式に体重が増えていたワケが分かりました。

 

ところで、22時から急激に働き始めるBMAL1(ビーマルワン)ですが、15時くらいは脂肪の蓄積が少ないのだそうです。

こちらに詳しく書いていますので、見てみてください^^
間食の太らない時間ってある?脂肪が溜まりにくい時間帯がベスト!

 

その差は約30倍といわれているので、間食をとるなら15時あたりがいいですね。とはいえ、間食の種類には注意です

 

ケーキを食べたくなった時は、こちらを見てみてくださいね♪
ダイエット中でもケーキを食べたい!時間や選び方テクで罪悪感なし♪

 

2.ガマンしすぎて結果的に食べるから太る

夕食の量を控えたりメニューを変えるとダイエットは順調に進みやすいです。だけど寝るまでお腹がもたない。この状態に陥ってしまう人って少なくないかもしれません。

早く寝てしまえばいいのでしょうけど、そうもいかないし…。そんな時、空腹に襲われた私はメンタルが崩壊しました。冷蔵庫を何度も開けたり閉めたりしてたんです。

「もう食べちゃえば?」という主人のひと言で「食べない!」と腹をくくりましたが…。意地も役立つもんですね!

 

ところが、その晩に見た夢は枕元にカップラーメンがずらーっと並んでいて、できあがりを待ちわびている私がいました。

ダイエットのためとはいえ夕食をガマンしすぎるとちょっと大変かも。結果的に夜食を食べて太らないようにお互いに気を付けましょう。

 

3.夜遅いと食べたものが消費されない

これはもうそのまんまです。夕食後に日中のような活動量があるわけでもなく、あとは寝るだけという場合が多いですよね。余ったエネルギーは消費されることなく体脂肪として蓄積されてしまいます。

 

4.食事誘発性熱産生が低い

食事誘発性熱産生(DIT)は、食事をした時に消化吸収されるときに使われるエネルギーのことです。食べる事がカロリー消費になる、ということですから…健康的な内臓って大切ですね。本当に健康ってありがたいです。

 

食事誘発性熱産生(DIT)は胃、肝臓、膵臓など各臓器によって強い時間と弱い時間があるとのことです。

その特徴は…

  • 強い時間帯は日中
  • 逆に弱い時間は夕方以降
  • そして夜にもっとも低くなる

これらの3つです。

このような特徴があるので朝と同じもの(高カロリー、糖質多)を夜に食べると食事誘発性熱産生(DIT)によって消費されるエネルギーは少ないので太りやすいのです

 

ところが、夜食は太らないという話もありました。私的には「はぁ!?」というカンジだったので調べてみました。

 

夜食が太るのは嘘!?

夜食が太るのは嘘だよっていう情報も見つけました。日没後に食べても太らなかったそうですが、日没って何時のことをいわれていたのでしょうか。

その辺りがハッキリしません。結局のところは1日のトータル摂取カロリーを越えなければ、何時に食べようと関係ないということです。

ポイントとなるのは1日の総摂取カロリー。それを超えると太るものは太るということなのでしょう。

 

でも私は遠慮したいと思います。食べたものは3~4時間で消化されます。胃の活動時間のピークは14~15時。そして、19~21時ぐらいまでが活動時間だそうです。遅く食べれば食べるほど内臓は休まることがありません

 

また先ほどもお話しましたが、夜ふけるほど脂肪として蓄積されやすいのですから代謝能力が低い人(私)が夜食を食べると、もれなく体重増加という悲しい現実がやってまいります。

というか、私は過去に体重が増えていった実体験がありますから、よほどのことがない限り夜食は食べません。

 

ところで、空腹もツラいことばかりではないんですよ。アラフォーの私には超うれしい情報を知りました。それではお次にどうぞ!

 

空腹を若返りに利用しよう!

夜食は太るけどガマンするのもツラいですよね。そんな時は若返ってる!と自分自身を励ましてください。

なぜかというと…

  • 空腹の時こそ若返りホルモンが活動しはじめるから

なのです。

 

老化現象に関係している若返りホルモンである『成長ホルモン』は悲しいことに加齢とともに減少していきます。しかし、成長ホルモンは自分で分泌することができます。その方法は…

  • 空腹の状態を大切にすること

なのです。

 

空腹状態になっていると、成長ホルモンが増して若返り遺伝子であるサーチュイン遺伝子が動き始めます。また善玉ホルモンであるアディポネクチンが分泌されて血管をキレイしてくれます。

 

若返りホルモンの成長ホルモンは成長や代謝などを管理しているホルモンです。20歳くらいをピークに加齢とともに減少します。

若返りホルモンである成長ホルモンの分泌量は、40歳になると20歳の時の40%くらいにまで減るそうです。つまり…

  • 何も対策をしなければ、老化の一途をたどっていく

ってなワケです。

 

私はアラフォーですので、血流は悪くなり新陳代謝も低下してお肌はくすみ、しわもできやすい状態に身を置いていることになります。加齢は仕方がないことですが…やっぱりイヤです。同じ年をとるにしても、老化はゆるやかがいいですよね。

 

まとめ

ここまで夜食が太る理由や時間、空腹を乗り越える情報などをお伝えしました。まとめてみますね。

夜食は太る理由

  • BMAL1が脂肪を増やす
  • ガマンしすぎて結果的に食べるから太る
  • 夜遅いと食べたものが消費されない
  • 食事誘発性熱産生が低い

夜食を摂ると太る時間

22時から太りやすくなり深夜の2~4時がピーク

空腹が若返りを促す

若返りホルモンの成長ホルモンが分泌され、新陳代謝が活性化される

何にでも理由というものがあるのですね。理屈が分かるとどのような行動をとるべきかが分かるものです。お腹が満たされて幸福感を獲る目先のメリットをとるのか、それとも本当に必要なのは何か、いったん落ち着いて考えてみるのか…。

脂肪蓄積に直接かかわってくることですので、今回の記事があなたの参考になれば幸いです。

 

最後にメンタル的な夜の空腹感を乗り越える方法を少しだけお伝えしますね。

それは

  • 素敵なスタイルになっている自分を想像する
  • 体重という数値に一喜一憂しない
  • 目標が叶った自分を想像してワクワクしてみる
  • 時には意地をはってみる

目指している自分を思い越おこすと、そのためにとるべき行動を自然と選べるものです。これは私が約30㎏減量したとき実際におこなってきたことです。

 

メンタル的な考えが強くなるので、ここでは軽く触れる程度のお話になりますが苦しいことに焦点をあてないことがポイントです。

 

話がそれてしまった流れでもう一つ…。

夜食は太るからNGとはいえ、どうしてもお腹が空きすぎて眠れないこともあります。夜食を少し食べてお腹も気持ちも満たしてあげるほうがいい場合もあります。ときに自分に優しくすることも大切ですから。

そのときは太りにくい夜食をチョイスしてみましょうね。太りにくい夜食は何を選べばいいのかについてはまたお伝えしていきます。