夜食にゆで卵は太るの?安心して食べるための3つのポイント

卵のピクルスを作るために買い足したら冷蔵庫の中が卵だらけになってしまいました。結局3パックもあります。

卵はタンパク質が豊富で糖質も控えめです。しかも茹でてしまえばヘルシーだし。ピクルスにしたら日持ちもするし、お酢が血糖値の上昇をゆるやかにするし、良いことづくしです。

ヘルシーだし、糖質も低い…ということは

夜食にゆで卵を食べると太るのかな?太らないのかな?!

という疑問が湧き上がってきました。

 

ダイエットをしているなら夜食は控えたほうがいい…とは思うのですが、そうはいかない場合もあると思います。では、どんな夜食なら太りにくいのでしょうか?

今回は『ゆで卵』について調べてみました!それでは早速みてみましょう。

 

スポンサーリンク

夜食にゆで卵を摂ると太る?

ダイエット中は夜食をとならいほうがいいと分かっていても、ガマンができないこともありますよね。そこで完全食品と呼ばれている『卵』、その中でもゆで卵は夜食に摂ると太るのか調べてみました。

 

「たんぱく質が多いし茹でてるからヘルシーだし。きっと筋肉作りに役立ってくれるよね~」とポジティブに構えていたのですが、る可能性が高いです

ゆで卵だけでなく、カロリーのあるものを食べると消費できなかったエネルギーは身体に脂肪として蓄えられるので、太るのは仕方がないことですね…。

 

夜食は身体のしくみや時間帯などにより、太りやすい条件がそろっているからやめた方がいいとは思います。

詳しいことはこちらに書いています^^
夜食は太る理由とは?脂肪蓄積に関わる危険なワナ

 

でもダイエット中とはいえ、どうしてもお腹がすいて眠れないことも時にありますよね。

そういうときは優秀食を少し食べて気持ちを落ち着かせてあげてもいいのではないでしょうか。

 

なぜ、ゆで卵は食べてもいいの?

夜食は太ると思うのですが、卵はビタミンcや食物繊維以外の栄養がバランスよく含まれている完全食品といわれているほど優秀な食品です。

そのため、ゆで卵を少し食べるくらいならいいのではないかと思います。

 

また、ゆで卵は私たちアラフォーにうれしい特徴をもっていて

  • アンチエイジング

を期待することができます。

 

もちろんアンチエイジング以外にも期待できる効果はあるのですが、アンチエイジングに注目してお話すると卵は肌や血管年齢を若くしてくれる素晴らしい食品なのです。

卵黄に含まれている脂質は、動脈硬化や脳卒中などの予防に役立つほかに、新しい細胞を作ったり栄養素を細胞の中に取り組む働きがあるため、血管やお肌がよみがえるとされています。

この脂質は構造にリンを持っていることから、リン脂質と呼ばれています。

卵黄の他に、卵白は抗酸化力が期待できることが分かってきたそうです。活性酸素が体内に多く発生すると、肌老化を加速させる原因になります。

肌老化を防ぐために、抗酸化力の高い食べ物をとって細胞や血液などがサビつくのを防ぐ必要がありますが、卵白はまさにうってつけな食材です。

 

その効果をアップさせるコツは、卵に80℃以上の加熱をすることです。

加熱する調理だとスクランブルエッグや目玉焼きでもよいのですが、今回は夜食として摂ることをとりあげていますので、油で調理する方法よりも、茹でる方法の『ゆで卵』がよいのではないかなと思います。

 

ということで、夜食にゆで卵を食べて美容にも役立てようとしたところで、気になりました!「夜食は太る」という状況のことを…です。

そこで少しでも太りにくいゆで卵の食べ方はあるものかと調べてみました。一緒にみていきましょう。

 

夜食に太らない工夫をして、ゆで卵を食べる3つのポイント

太りにくいゆで卵の食べ方はあるものかと調べてみると、

  1. ゆで方
  2. 調味料を工夫

こちらの3つにポイントがあることが分かりました。それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

1.太りにくいゆで方とは?

ゆで卵というと半熟や温泉卵、固ゆで卵が思いついたのですが、調べてみるとそれぞれの消化に関することが分かりました。

 

半熟、温泉卵
半熟や温泉卵は消化が早いから太りやすいけど、夜の内臓に優しいので眠りの妨げになりにくい

 

固ゆで卵
固ゆで卵については消化がゆるやかで太りにくいけど、夜の内臓に負担となり眠りが浅くなりやすい

 

ゆで卵を食べる状況が『夜食』ということを考えると、胃腸に負担をかけにくい半熟や温泉卵がいいのかなと思います。

夜の内臓は休止モードになっているのですが、食べ物が入るため働くことになるので、体内時計のバランスを崩すきっかけになるといわれています。

消化のよくないものを夜食にとると、消化器官に負担をかけることになり、胃もたれの原因になります。

そのため朝になっても空腹を感じにくくなります。また夜食が定着して消化の悪いものをとることが習慣になると、体内時計のリズムが乱れていきます。

体内時計が乱れると栄養吸収の時間がズレてしまい日中なのに太りやすい体になる可能性もあるようです。

 

夜食を毎日食べなければ良いだけかもしれませんが、1日でも消化の良くないものを食べると胃腸に負担をかけることに変わりはありません。

夜食にゆで卵を食べるなら、なるべく胃腸の負担を軽くするために半熟や温泉卵がいいかもしれませんね。

 

2.夜食に摂ってもよい量

夕食後や早朝に運動習慣のある人はダイエット中でも夜食に少量のタンパク質をとると筋肉作りに役立つという研究結果があるそうです。摂っても良いのは150kcalくらいです。

ゆで卵1個約50gの場合は76kcalですので、2個まで夜食に摂ってもよいようです。

 

しかし、これは夕食後や早朝に運動する習慣のある人が対象の結果ですので、運動習慣のない人は1個にとどめたほうが安心です。

量は少ないと思いますが1個50gのゆで卵は76kcalです。これを消費するために必要な有酸素運動はウォーキングの場合は約30分間だといわれています。これを考えると1個以上食べるのはやめておこうかなと思えるかもしれませんね。

 

3.調味料を工夫してみる

ゆで卵を食べても太りにくくするために調味料を工夫してみてください。

調味料を選ぶときのポイントは卵との食べ合わせです。卵はタンパク質が多いですが脂質も多い食べ物です。卵はコレステロールが多いと聞いたことがあると思います。そのコレステロールは脂質です。

脂質は糖質と一緒に摂取すると体脂肪として蓄えられやすいといわれていますので、卵を食べるときは糖質の少ない調味料を選んでください。

 

糖質が多い調味料
トマトケチャップ、市販のドレッシング、市販のポン酢しょうゆ、ウスターソース、中濃ソース、とんかつソース、オイスターソースなど

 

糖質が少ない調味料
塩、酢、しょうゆ、香辛料など

 

を付けて食べる場合は食べ合わせを気にすることはありませんが付けすぎは『むくみ』を招くことになります。塩をつけて食べるときは、ほんの気持ち程度を心がけてください。

 

ところでダイエット中のゆで卵について調べていると、『卵ってめちゃ優秀じゃん!!』と改めて感じたことがあるのでご紹介しますね。

 

ダイエット中に体調を崩すことはありませんか?

ダイエット中に風邪をひきやすくなった場合は免疫力が落ちているかもしれません。卵は免疫力を高める効果も期待できるのでダイエット中に活用したい食材です。

 

なぜなら卵はアミノ酸がバランスよく含まれているため、免疫力を高めるといわれています。8種類のアミノ酸が含まれているなかでも『シスチン』というアミノ酸は自然免疫力アップをサポートします。

卵はカロリーも低めですしダイエット中でも安心して食べられるので是非活用してみてください。

また自然免疫力アップを助けてくれるシスチンは、テアニンという成分と合わせて摂るとさらに効果的です。テアニンは緑茶に含まれていますので、ゆで卵のおともに緑茶をどうぞ。

ゆで卵を食べる時は喉につまることはありませんか。私は詰まることが多いです。しかも、しゃっくりが止まらなくなることもあります。ゆで卵に水分は必需品ですよね。

 

免疫力の話に戻りますが、免疫力低下は極端な食事制限や炭水化物に偏ったダイエットが原因の場合が少なくありません。どちらにも共通するのは身体に必要な栄養素が足りなくなっているということです。一言でいうと栄養不足状態です。

免疫細胞に必要な栄養素はタンパク質やビタミン、ミネラル類などですのでダイエット中も必ず摂りいれるようにおススメします。

栄養が摂れていない状態が続くと、逆に痩せにくい身体を招くことにもなりますから、栄養不足を招くような食生活はさけましょう。

 

卵はビタミンCと食物繊維以外は、栄養がバランスよく含まれている完全食品といわれています。

ダイエット中に活用したい食材のひとつですので、夜食以外でも積極的にとりいれてみてくださいね。(注意:卵単品で済ませるという意味ではありません)

まとめ

今回はゆで卵を夜食に摂る場合に工夫したいポイントなどを書きました。まとめてみますね。

夜食にゆで卵を食べると太る

太るけどゆで卵を夜食におススメするワケ

  • 栄養がバランスよく含まれている
  • アンチエイジングが期待できる

ゆで卵を食べても太りにくくする3つのポイント

  • ゆで方は半熟がおススメ
  • 夕食後や早朝に運動する人は2個、運動しない人は1個
  • 調味料は糖質の低いものを選ぶ

寝る前にとったカロリーは脂肪として蓄えられやすいため夜食は太るといわれています。ですが、あまりにも空腹だと眠れなくなってしまいますよね。ストレスもダイエットにとっては避けたいものです。

 

今回はゆで卵について調べてみると夜食に摂ってもいいのでは?と思えるメリットが見つかりました。

とはいえ夜食は太りやすい時間帯に食べる事になりますので、ご紹介した太りにくくする食べ方や量、調味料が参考になると幸いです。

 

夜食は定着しないように日々の生活習慣を今一度、見直してみることも必要かもしれません。健康的にキレイにダイエットするためにお互いガンバりましょうね。

 

 

夜食
スポンサーリンク
シェアする
ゆる暮らし ~ダイエットと家事と日々のこと~