ダイエット中でもケーキを食べたい!時間や選び方テクで罪悪感なし♪

一大イベントであるクリスマスが近づいてきましたね!毎年楽しみにしている人も多いのではないですか(^^♪ 雰囲気を盛り上げる飾りつけに料理、そしてクリスマスケーキ♪

ダイエット中でも少しは食べたいと思ってしまいますが…

…ダイエット中にケーキを食べると確実に太りますよね。

 

いきなり爆弾投下しましたが、ダイエット中のケーキやクッキーなどのお菓子類は特に気を付けたい食べ物です。

だけど、私はダイエットを始めたばかりの時はケーキやお菓子を断つことがなかなかできなくて。

イベントくらいはスイーツを楽しみたい!と、もがき苦しんだことを思い出しました。

 

ダイエット中でもケーキを食べたいときはありますよね…。

クリスマスなどのイベントとはいえケーキなどの甘いものは食べないことが理想かもしれませんが、ストレスをためないこともダイエットには欠かせないことです。

 

ですが、むやみに食べるのはさすがにキケンですのでダイエット中のケーキを食べる時間や選び方をご紹介したいと思います。

ダイエット中だからと、ひたすらガマンすることはありません。ストイックな修行僧でもありませんので楽しみながらダイエットをしていきましょう。

 

スポンサーリンク

ダイエット中にケーキを食べるなら?

太りにくい食習慣を身につけることがリバウンド防止やダイエットへの成功の近道だと思いますがこれは最終目標です。

ダイエット中にケーキを食べたいと思ってしまうことは全然悪くないと思います。むしろ当然の感情です。

そこで、ダイエット中にケーキを食べたいなら

  1. 食べる時間
  2. 選び方
  3. 食べ方

工夫してみましょう^^

 

食べるのをガマンしてストレスをためるのは悪循環を招く元です。ダイエットを続けるうちに味覚も変わってきますので今は現状に合わせた対策をとって楽しむことが大切だと思います。

では、ひとつずつ一緒に見ていきましょう。

 

1.食べる時間

クリスマスケーキといえば我が家では夕食後に食べる習慣があるのですが、ケーキを食べるのに適している時間は

  • 15時ごろ

です。遅くても18時までに食べ終えていることが理想だといわれています。

 

なぜなら、この時間帯はBMAL1(ビーマルワン)の働きがもっとも弱いからです(。BMAL1(ビーマルワン)とは脂肪をため込む働きをするタンパク質の一種です。

 

生物時計の機能を決定する時計遺伝子の一つ。脂肪細胞をつくる酵素をふやす機能をもつ。

[補説]時間帯によって増減し、午後3時ごろが最も少なく、午後10時から午前2時ごろに最も多くなる。「夜遅く食べると太る」の科学的根拠とされる。 デジタル大辞泉(小学館)より

 

同じものを同じ量食べるなら

  • BMAL1(ビーマルワン)の分泌量の低い時間帯を狙う

のがポイントになります。

 

食べる時間が遅くなるほどビーマルワンが働きます。夜食のケーキは
くれぐれも控えてください。

夜食は太る理由とは?脂肪蓄積に関わる危険なワナ

 

2.選び方

糖と脂質の組み合わせは、一つの太る原因ですので、

  • 糖質(炭水化物)と脂質の少ないもの
  • 栄養価の高いもの

を選べるなら選んでください。

 

低カロリーに越したことはないのですが食べられる種類がすごく少なくなってしまいますよね。また、私たちアラフォーは栄養面を重視したいと思うのです。

細いだけで美しさを感じる20代とは違い、40代(わたし)になると肌の張りが失われ筋肉量も少なくなってきます。

はっきり言うと…細いだけでは枯れ木のようで見るに見かねない状況を招く恐れがあります。

 

低カロリーのものをただ単に食べるのではなく、細胞の栄養となるものをとり入れたいのでオススメなのは

  • チーズケーキやティラミス、シュトーレン、シュークリーム、フルーツタルト

などです。

 

これらに多く使われている材料はチーズ、ドライフルーツ、ナッツ、卵、牛乳、フルーツなどです。脂質が少ないわけではありませんが炭水化物の摂取量は抑えることができます。

チーズや卵、牛乳からタンパク質が摂れますしドライフルーツやナッツ、フルーツからは食物繊維やビタミン・ミネラルが摂れます。

 

細胞の代謝を上げて脂肪として残りにくい状態にするために、今回選んだものが一役買ってくれていると考えるとさらに幸せな気持ちになりませんか。

とはいえ、特にクリスマスケーキの場合は個人の好みで選ぶのは難しいです。

取り入れやすいのは食べ合わせかなと思いますますので、これからその方法をご紹介しますね。

だけど、くれぐれもダイエット中ですので1ピース以上食べるなんてご乱心はないように。

 

また、おやつとしてケーキを食べる場合と違ってクリスマスケーキは夕食後に食べませんか?我が家はそうなのですが18時までに食べるのは難しそうです。

では、その場合も含めて食べ方を工夫してみましょう!

 

3.食べ方

ケーキを一度にたくさん食べると血糖値が急に上がりやすいので、食べる量に気を付けるのは前提なのですが、

ケーキのお供にする

  • 飲み物を工夫

してみてはいかがでしょうか。

 

外出先では難しいかもしれませんが、ケーキと食べ合わせる飲み物は無糖の抹茶豆乳がオススメです。

管理栄養士の伊達友美さんによると、抹茶に含まれるカテキンと食物繊維は糖分の吸収を抑えて、豆乳に含まれる「PPAα」は脂質の消費を高める作用があるそうです。

 

作り方は抹茶と無調整豆乳を混ぜるだけなので短時間で用意できるので簡単です^^伊達式の抹茶豆乳のレシピは豆乳100mlに抹茶を小さじ半分混ぜます。

カップに抹茶を入れて少量の豆乳で溶かしてから、残りの豆乳と混ぜ合わせると抹茶がダマになりにくいです。

 

また、小豆水もケーキのおともにおすすめです。こちらは作る時間が30分必要ですので時間のあるときに作っておくといいかもしれませんね^^

小豆水は脂肪の排出を促し、糖が脂肪に変わるのを防ぐ効果が期待できますから、ケーキのお供によさそうですよ♪

小豆水ダイエットは効果抜群?口コミのポイントを更にリサーチしたよ

 

外出先など食べ合わせができない場合もありますよね。その場合は糖や脂質の吸収を抑えるサプリがあると心強いです♪

糖質を気にしないでクリスマスを楽しめると最高です♪ 食べ合わせができない場合はもとより糖質好きのためのサプリメントがありますよ。

 

と、ここまでがダイエット中に心掛けたいケーキの食べ方です。ですが、これはあくまでも「食べるなら」であることを忘れてはダメですよ~。

3つの方法を守ったからといって何度も何度も食べてしまうと、やっぱり太ってしまうのは確実ですから。

 

基本的にはガマンはどうしても必要になってきます。ということで、最後にもうひとつ。

ガマンをしやすくなるために、ケーキを食べるとなぜ太るのかという耳が痛い情報をお届けします。

見るのが辛くても、ぜひチェックしておきましょう。

 

ケーキは太る理由とは?

甘いもの好きなら分かってもらえると思うのですが、なんでケーキってあんなに美味しいんでしょうね~。

といっている場合ではなく、ケーキは太るといわれているひとつの理由に

  • 糖質と脂質でできている

からというものがあります。もちろんカロリーが高いのはいうまでもないですね。

 

ケーキは基本的に砂糖、玉子、バター、小麦粉からできています。大きく分けると砂糖と小麦粉は糖質(炭水化物)バターと玉子は脂質です。

玉子は意外と脂質が多いので糖質と組み合わせて食べるときは量に気を配りたい食べ物です^^

使用する砂糖の量も太る原因のひとつですが、糖と脂質の組み合わせも太る原因だと思います。というのも、

  • 脂質の燃焼は、糖質の燃焼が終わってからでなければ始まらない

という体の仕組みが関係しています。

 

悲しいことに、脂質は糖質が消費されている間はエネルギーとして使われることはありません。

しかも、糖質を使用しきれずに余ると体脂肪として蓄えられます。

 

糖質すらエネルギーとして燃焼できない体は脂質も燃焼できないので、行き場の失ったエネルギーは脂肪に変えられ体に蓄積されて太ることになります。

さらに追い打ちをかけることがあります…。

先ほどのケーキの材料はスポンジ部分の内容です。ショートケーキの場合はこれに生クリームとさらに砂糖が加わることになります。生クリームは脂質砂糖は糖質です。もうどうなるか想像できますね。

ショートケーキのフルーツはビタミン類も含まれていますが少量ですのでビタミン効果の期待度は低いです。

 

誰かブレーキをかけて!!って言いたくなるくらい、体脂肪が溜まる条件がそろうのです。恐ろしいですよね~。

ダイエット中にケーキを食べたくなったら食べる時間に気を付けたり、単にカロリーが低いものではなく今回ご紹介した栄養面を考えた選び方や食べ方を参考にしていただけると嬉しいです。

 

それでは、ここまでのお話をまとめますね。

 

まとめ

ダイエット中にケーキを食べるなら?

  • 食べる時間
    体脂肪合成の低い14時から18時までが理想
  • 選び方
    タンパク質や食物繊維、ビタミン・ミネラルの多いもの
  • 食べ方
    抹茶豆乳や小豆水などで糖と脂質の吸収を抑える

ケーキは太る理由

糖と脂質の組み合わせにより脂肪が蓄えられやすい

ダイエット中にケーキを食べるなんてもってのほかかもしれませんが、暴走しない限りある程度の楽しみがあってもいいのはないでしょうか。

今回はカロリーよりもタンパク質や食物繊維などの栄養面に的をあててみました。40代女性(私も)は肌の張りやタンパク質の吸収率など気にするところはたくさんありますから。

 

フルーツタルトの生地については炭水化物に加えて脂質が多いので、できれば生地の部分を少し残すといいかもと思いますが、

ケーキを食べて罪悪感を抱かないためにも、栄養面を考えて楽しく食べることが大切だと思います。プラスに考えて方向性を間違えない限り、その行動はきっと良い結果になりますよ♪