ダイエット時の食欲が止まらない!抑えるには原因把握がポイント

ダイエットをすると真っ先に食事量を減らしたりしますよね。わたしもその経験あります。

だけど、ひもじい思いをするほどガマンしていると反動がきませんか?

特に食べることが大好きな人(わたしもw)ほど極度な空腹感はストレスMAXになりますよね。

もしかしたら空腹感にガマンできずに、食べてしまうこともあるかもしれません。

 

でも…これを繰り返すと

  • 食欲が止まらない原因

を自分でつくってしまうかもしれません。ひもじい思いをするだけでなく、食欲が止まらないなんて踏んだり蹴ったりですよね。

 

食事をガマンし続けることができたら問題はないのですが繰り返すことで、その後はまさに死に物狂いという言葉がピッタリはまる状態を招きかねません…。

そんなことは絶対にイヤなので回避するために、

  • ダイエット中の食欲を抑える方法

についても調べてみました。

それでは、食欲が止まらない原因はなんなのか、また食欲を抑える方法はどのようなことなのかをこれから一緒に見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

食欲が止まらない原因はこれだった!

ダイエット中なのに食欲が止まらないと困りますよね。真面目な人ほど自分の意志が弱いからと自分自身を責めてしまったり焦ることもあるかもしれませんが…

  1. 極度な空腹感
  2. 血糖値の乱降下

が引き起こしていることなので気をラクにしてみましょう。

ある程度の空腹感であれば必要なことでもあるので悪くはないのですが、極端に飢えをしのぐ状態だと脳は生命の危機を感じ取って、特に糖質などエネルギーのあるものを食べるように信号を出します。

 

これは人の本能によるものなので当たり前のことなのですね。

それでは、食欲が止まらない原因である2つをそれぞれお話します。

 

1.極度な空腹感

猛烈にお腹がすいているのにガマンし続けるのは本当に大変なことです。食欲は人間の本能ですから自然なことですよね。ましてや極端にお腹が空きすぎる

  • 脳は一大事発生!

ととらえて糖分を多く含むエネルギー源を求め始めます。

脳の栄養となるのは糖です。その糖が血液中になくなってくると脳は自分の栄養となるものを真っ先に確保したがるので、糖質の多い食べ物を欲しがるのです。

お腹が空いているときほど炭水化物(糖質)が食べたくなる人が多いようですが、こういうわけが影響しているのかもしれませんね。

脳の欲求に理性で立ち向かうことは難しいです。

食欲に勝てずに甘いものや、ご飯、パン、うどんなどをたくさん食べてしまうと血糖値が急激に上昇してインスリンの働きにより急激に下がることになります。

 

これにより…

  • 血糖値の大きな変動

を招くことになり、血糖値が下がる時にお腹が空きますので、

  • 血糖値の急降下

によってまたすぐに食欲に襲われることになります。

極度な空腹感は炭水化物のドカ食いを招く可能性があり、食欲が止まらない事態になりかねません。

 

また、反動から食欲が暴走してしまうと「もう、いいやっ」となってしまいダイエットを諦めてしまいかねません。

しかも、炭水化物(糖質)の取り過ぎは糖化の原因になりお肌の老化が進みますので、特に私のようなアラフォー女性は気を付けたい栄養素です。

 

2.血糖値の乱降下

先ほどお話したように食欲を開放して甘いお菓子やご飯、パンなど糖分の多いものをたくさん食べると、血糖値の乱降下を招きます。

そのときに分泌されるインスリンは、

  • 脂肪細胞へ脂肪取込みをサポート
  • 体脂肪分解を抑える
  • 脂肪ができるのを活性化

と、なんともイヤな働きをしてくれます。

血糖値の乱降下は空腹になりやすく食欲が止まらなくなるだけでなく、脂肪が蓄積されやすくなるため悪循環に陥ってしまうことになります。

 

また、体脂肪が蓄えられていくほど食欲を抑えられにくくなるそうですので、血糖値の乱降下を防いでください。

では、食欲が止まらない悪循環を防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

ダイエット中の食欲を抑える方法とは?

食欲を抑える方法のひとつとして、

  • レプチンの働き

を正常化するのがおススメです。

 

レプチンは通称満腹ホルモンとも呼ばれており、レプチンが正常に働いていないと食欲が止まらない状態を招きます。

レプチン(満腹ホルモン)は脳にある受容体と結合することによって食欲が抑えられます。

 

栄養学によると通常ではレプチンと受容体の働きによって食欲は正常に保たれているのですが、ある理由によってレプチンをキャッチする受容体が壊れてしまうことがあります。

それは…

  • 多すぎる炭水化物(糖質)

によるものです。

 

また、炭水化物(糖質)を多くとりすぎると満腹ホルモンであるレプチンの減少を招くことになります。

レプチンを増やす方法について詳しくはこちらをどうぞ^^

間食をやめられない原因って?その正体はレプチン不足だった⁉

 

ですので、脳が炭水化物(糖質)をたくさん欲しがる状況を作らないということと、レプチンは

  • タンパク質をしっかり摂る
  • 質の良い睡眠をとる

などによって増やすことができますので意識されてみてください^^

枝豆の良質なたんぱく質はダイエットをサポートしてくれますよ♪

枝豆のダイエット効果がスゴイ!ムリなく痩せる秘訣とは⁉

 

それでは、ここまでのお話をまとめてみますね。

 

まとめ

食欲が止まらない原因

  • 極度な空腹感により脳の指令によって炭水化物(糖質)をほしがる
  • 血糖値の乱降下により食欲を招く

食欲を抑える方法

  • レプチンを正常化するために炭水化物(糖質)を多く取り過ぎない。

食欲が止まらない時は自分の体はどうなってしまったの⁉と焦るかもしれませんが、ダイエット中だからと空腹感をガマンしていることが要因になっていることがあります。

一生懸命頑張ってやっていることが裏目に出てしまうことも、たまにはあることです。

 

空腹を感じた時に自分の体で何が起きているのかを理解すると、間食をとったり血糖値を急上昇させないものを食べるなどして悪循環を防ぐことができます。

ダイエット中の間食はもちろん血糖値を上げにくいものを選んでください。

ビタミンやミネラルが摂れるナッツは間食におススメです^^

間食にナッツは太るのか!?恐怖を克服する2大ポイント

 

今回は食欲が止まらない時に考えたいことと、やってみてほしいことのお話でした。

 

 

雑学
スポンサーリンク
シェアする
ゆる暮らし ~ダイエットと家事と日々のこと~