夜ご飯が遅いと太る?血糖値の変動を抑える食べ方だと心配なし♪

仕事を終えて帰宅した後に夜ご飯の準備…。夕飯は午後7時以降という人は少なくないと思います。

ダイエット中でも、そうではなくても夜ご飯は遅い時間に食べないほうがいいと言われていますが、この忙しい現代社会で難しくないですか

でも、体内リズムを考えると夜ご飯の時間は遅くなるほど体に負担をかけていることはまぬがれない事実です。

  • 夜ご飯は遅い時間に食べると太る

と言われていますが、遅い時間に食べざるを得ない場合もありますよね。

 

そこで、ダイエット中でも夜ご飯を遅く食べても大丈夫な食べ方はないものかと調べてみることにしました♪

これからご紹介しますね^^ それでは、一緒に見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

夜ご飯は遅い時間に食べると太るの?

夜ご飯として食べる種類や量にもよると思いますが、遅い時間に食べると太るのは覚悟したほうがいいと思います。

 

食べてすぐに寝ると消費エネルギーが少ないので太るということも一因なのですが、

  • BMAL1(ビーマルワン)による影響
  • ドカ食いのリスクがあること

が少なからず絡んできますので、無視はできそうにありません。

どういうことなのかを、それぞれ簡単にお話しますね。

 

BMAL1(ビーマルワン)による影響

人の体は朝より夜の方が太りやすい状態になるといいます。

体内にBMAL1(ビーマルワン)というタンパク質があり、夜に活動が活性化して体脂肪として蓄えるパワーが炸裂します。

 

日本大学薬学部の研究によると、22時から急激に脂肪を蓄えやすくなり深夜2~4時にピークを迎えるということです。

体内でこんなに恐ろしいことがスタンバイされているなかで夜ご飯をとると、脂肪として蓄えられるのは確実ですよね。

 

食後の血糖値が元の値に戻るまで3~5時間かかるといわれていますので、遅くても19時までには夜ご飯をとり終えておきたいところです。

 

ドカ食いのリスクがあること

昼食を12時半から13時半の間にとると理想的な夜ご飯の時間は18時くらいです。

19時以降ではお腹は空きすぎてしまいますので、夕方に仕事を終えて帰宅するころには空腹MAX状態

 

極度な空腹状態の時は脳が真っ先に糖質を欲しがりますし、お腹が空きすぎて理性が失われていると「いくらでも食べられそう!」と食欲が暴走してドカ食いを招きます。

食べ過ぎやカロリーの摂り過ぎを招くほかに、胃がもたれて翌日の朝食が食べられない状況も招きかねません。

 

お腹の空きすぎは脳が糖質を欲しがり、炭水化物のドカ食いのもとです><

ダイエット時の食欲が止まらない!抑えるには原因把握がポイント

 

このように、夜ご飯が遅いと太るリスクは高いのですが、この悪循環を解決する方法もあるので心配は無用です♪

 

遅い夜ご飯は食べ方によって太らない!

夜ご飯を暴飲暴食しないというのは大前提でのお話ですが、19時以降に夜ご飯をとる場合は太りにくい工夫をすることでリスクを下げられますので安心してください。

 

12時半ごろに昼食を摂って19時以降に夜ご飯をとる人は、

  • 間食をとる

工夫をしてみてください。

間食といってもお菓子ではなくヘルシーで栄養価の高い間食を摂って、夜ご飯の時に極端な空腹感を招かないことが目的です。

 

お菓子をとると血糖値は急上昇して一時は満たされますが、すぐに空腹感に見舞われることになります。血糖値の乱高下はできるだけ避けるように心掛けましょう。

血糖値の乱高下を防ぐためにヘルシーで栄養価の高い間食をとることを、

  • ヘルシースナッキング

といいます。血糖値の変動を抑えて太るのを防ぐことが期待できます。

 

ヘルシースナッキングって何?

ヘルシースナッキングとは元々アメリカのセレブの間で取り入れられている習慣で、

  • 食物繊維
  • タンパク質

などが含まれる間食をとることをいいます。

それによって夜ご飯まで極端な空腹状態を作らないように工夫した生活習慣で、結果的に夜ご飯の食べ過ぎを防ぐことが期待できます。

 

また、ヘルシースナッキングは

  • 足りていない栄養素を補えるので美容や健康によい
  • エネルギー切れを防げるので活動的になれる
  • 血糖値を安定できるので集中力や思考力が保てる
  • 血糖値の乱高下を防げるので疲労感や倦怠感などが防げる

などが期待できるといわれています。

わたしたちは食物繊維やタンパク質が不足気味といわれていますので、ヘルシースナッキングは血糖値の安定目的以外にもとり入れるメリットは大きいと思われます。

 

最近ではヘルシースナッキングを意識したシリーズが発売されています。こちらなどは仕事中の間食としても手軽にとりいれることができますね^^

 

間食をすると逆に太るのでは?

ヘルシースナッキングという生活習慣はお菓子ではなく、「タンパク質」や「食物繊維」をとり食欲をコントロールすることが目的です。なので、太る危険は少ないです。

というのも、アメリカとオーストラリアの研究者の発表によると、間食にアーモンド43g(250kcal)を食べたグループはカロリー摂取が多くなったのに太らなかったからです。

それどころか、

  • 食後の血糖値の上昇が少ない
  • 空腹感や食欲が低い

という結果になりました。

 

わたしたちはダイエット中ですので間食に250kcalは多いです。ヘルシースナッキングでとるカロリーは150kcal~200kcalに抑えたほうが安心です

 

そういえば、間食にお菓子を食べてしまう人は代わりにヘルシースナッキングをとると血糖値が改善して、お菓子を食べる量が減ったという結果が出ていました。

また、食生活がヘルシー傾向になることも実験結果として出ています。

 

夜ご飯が遅いと太るのはBMAL1(ビーマルワン)やドカ食いの影響が大きいです。

遅い時間にカロリーをとればとるほど体脂肪として蓄えられやすいので、間食を上手く利用して夜ご飯をヘルシーなものにできるとさらにダイエット効果は高まります

 

それではこれまでのお話をまとめますね。

 

まとめ

夜ご飯が遅いと太ると言われている理由は?

BMAL1(ビーマルワン)による影響

ドカ食いのリスクがあるため

夜ご飯が遅くても太りにくくする食べ方

間食(ヘルシースナッキング)をとり入れて夜ご飯をヘルシーにする

間食は太るのでは?

タンパク質や食物繊維をとるヘルシースナッキングは太らない

仕事を持っている女性も多く、家事にかけられる時間は少なくなっているのに「規則正しく3食を栄養バランも考えて食べましょう」と言われても困りますよね。

それができるとしたら休日くらいではないでしょうか?

 

規則正しくというのはムリかもしれませんが食べ方にポイントを置いて工夫をすると、血糖値の変動を抑えることはできます。

血糖値の乱高下は太る以外にも悪循環の元になりますので間食を上手に利用してみてください。

 

雑学
スポンサーリンク
シェアする
ゆる暮らし ~ダイエットと家事と日々のこと~